氏原 魁星 ・ 鳳星

世界大会で優勝したい。

氏原 魁星 ・ 鳳星
ブルテリア格闘技ジム

ブラジリアン柔術という競技をご存知だろうか。
日本ではあまり馴染みのないスポーツではあるが、総合格闘技などで耳にしたことがある方もいるだろう。

そんなブラジリアン柔術で、世界の舞台で活躍する選手がここ浜松にいる。氏原魁星くん(浜北北部中学校1年)と鳳星くん(中瀬小学校5年)兄弟だ。

柔術を始めたのは4年前。魁星くんが小学3年生、鳳星くんが小学1年生の時。
父親が柔術をやっていて、一緒に練習に参加したのがきっかけだった。

始めるとすぐに柔術の魅力に取り憑かれ練習に没頭した。練習は週に6日。1時間半から3時間を費やす。
大会では、当初は勝てないことが多かったが、2年を過ぎると、負けることの方が少なくなっていた。

数多くの国内大会で優勝を果たすと、今年4月には、『アブダビワールドユース柔術チャンピオンシップ』に参戦。
初めて海外で行われる世界大会に出場し、魁星くんが3位、鳳星くんが準優勝に輝き、世界でもトップレベルの選手だという自信を得ることができた。

指導にあたる世界王者のホベルト・サトシ先生は、「二人とも自分の得意な技を持っている。さらに魁星は、ファイティングスピリットに溢れ、鳳星は、戦術を組み立てる頭脳に優れている」と二人について話す。二人に今後の目標を聞いた。「まずは、16歳から国際選手として戦えるので、そこで世界大会に出場できるように頑張りたい」と兄の魁星くんが話せば、「世界大会で優勝して、サトシ先生のように柔術を教えられるようになりたい」と弟の鳳星くんは話す。

柔術を始めて4年。同世代では“国内に敵なし”と言えるほど強くなった。

次に目指すは世界大会での金メダル。

浜松から兄弟で世界王者が誕生する日も、そう遠くないかもしれない。

バンビツアー




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 篠ヶ瀬町 ポートボール子供会
    篠ヶ瀬町ポートボール子供会和田小学校には、学区内の各町にポートボールのチームがある。…
  2. 浜松北部中学校 野球部
    浜松北部中学校 野球部「自分たちで考える野球」をモットーにしている浜松北部中学校野球部。…
  3. 革命的野球塾
    ピッチャーを目指すのであれば、「いかに速い球を投げられるか」、そして「いかにその球をコントロールする…
PAGE TOP