くまの運動教室

ジュニアアスリートのための
 特別メンタルトレーニング

レッスン5 プレッシャー(緊張)を味方にする

メンタルトレーニングというと、「プレッシャー(緊張)にどう対応するか」というイメージを持っている人が多いと思います。実際にワークショップを開くと、「大事な時に…」なんて話がよく出ます。

では、どうしたらプレッシャーを克服できるのでしょうか?

3年生にとっては、最後となる夏季大会がもう目前に迫っています。
なので、今回は、大会で力が発揮できるよう、プレッシャーについて考えてみたいと思います。

まずは、下記の質問について考えてみよう。

くまの運動教室

書けましたか?

くまの運動教室

“ルーティーン”は、イチロー選手や五郎丸選手が有名です。
フィギュアスケートの羽生結弦選手は、演技開始前に「さあ、楽しもう」と呟くそうです。

これだけでも、毎回繰り返すことで、スイッチになります。

トップ選手たちが、「楽しもう」、「楽しみます」と言い始めたのはごく最近です。
ひと昔前までは、「頑張ります」。そんな風に言っている選手が多かった。

集中力が高まるのは、ワクワクした時や、自分から行動を起こそうとした時なので、「楽しむ」という気持ちは非常に大切な要素です。

一方、「頑張ります」という言葉。
大きな大会で頑張らない人はいませんよね?

それをあえて口に出すことで、使命感が生まれ、プレッシャーがかかってしまいます。
前向きな姿勢でワクワクしながら楽しむ気持ちを忘れず、所々でスイッチを入れていけば、必ず良いプレーができるはずです。

くまの運動教室

くまの運動教室




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 編集長のひとりごと
    今年もこの季節がやってきた。今回号でも例年通り『列強列伝』と題し、注目チームとして、新人戦浜松地…
  2. 編集長のひとりごと
    先日、とあるニュースが目に留まった。それは、「文部科学省が部活動指導員を、学校教育法に基づく…
  3. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン4 ありがとうが言えますか?前回は言葉について考えました。どんなことを感じました…
PAGE TOP