積志中学校柔道部

悲願の全国大会出場を目指す。

積志中学校 柔道部

新人戦浜松地区大会で優勝を果たした積志中学校。

静岡県柔道祭では、西部大会で準優勝、県大会でも3位入賞を果たし、その実力が県内トップレベルだということを証明した。

部員数は4名と少ないが、全員が経験者ということもあり、実力者が揃っている。

さらに、幼稚園から同じ道場に通う仲間ということもあり、上下関係なく仲が良いのも特徴。

明るく元気溢れる選手ばかりだ。

そんな仲良しの彼女たちだが、練習になれば、気持ちを切り替えて稽古に集中。

オンとオフの切り替えができることも同部の特徴と言える。

練習では、基本練習を繰り返し、ひたすら身体に覚え込ませることに力を入れる。

基本がしっかりとできるからこそ、それぞれの個性がさらに活かされる。

今後は、怪我の回復を見ながら、市内の合同練習や高校への出稽古で基本技術の向上と体力面の強化に力を入れていく。

昨年は、全国大会出場を果たした藤枝順心中学校に敗れ、県大会ベスト8という結果に終わった。

全国に行けるのは県王者のみ。

まずは、浜松地区大会での優勝を果たし、今年こそは悲願の全国大会出場を果たす。

積志中学校柔道部




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 革命的野球塾
    腕を引き、足の親指を踏み込むことが“捻り”を増幅させるテイクバックというと、後方への腕の引き…
  2. 平成30年度 中体連夏季大会 男子バスケットボールの部
    平成30年度 中体連夏季大会男子バスケットボールの部男子の部の浜松地区大会では、シード校が順…
  3. 編集長のひとりごと
    中学三年生にとって“最後の大会”となる中体連夏季大会。今号が出る頃にはほとんどの競技で県大会が終了し…
PAGE TOP