開成中学校ソフトボール部

ベスト8の壁を破り、
 県大会初優勝を目指す。

開成中学校 ソフトボール部

新人戦浜松地区大会で3位入賞を果たした開成中学校。

続く西部大会では前評判を覆し、準優勝。

県大会ではベスト8という成績を収めた。

今年のチームは、昨年に比べると全体的に身体能力で劣るという。

さらに、ほとんどの選手が中学からソフトボールを始めた子ばかり。

そのため、練習では基礎練習をメインに技術の向上に努めてきた。

また、練習で学んだ戦術を全員が共通して理解することを心がけ、キャプテンを中心に選手同士でしっかりと話し合うことを徹底。

チームとしての戦術理解度を上げることで、守備力を武器に戦えるチームへと成長を遂げてきた。

今後はバッティングに力を入れ、攻撃力の強化を図り、さらなるレベルアップを目指す。

新人戦では試合で勝ち上がっていく中で、チャンスをモノにする勝負強さを身に付け、大番狂わせを何度も演じてきた。

これまでの最高成績は県大会ベスト8。

ここが同部にとっての大きな壁。

この壁を乗り越え歴史に新たな1ページを刻む。

目指すは初となる県大会優勝だ。

開成中学校ソフトボール部




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 中体連男子剣道
    中体連男子剣道は積志中学校が県初制覇中体連男子剣道の県大会が終わり、東海大会、そして全国大会へ出…
  2. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン8保護者の在り方についてジュニアアスリートの「編集長のひとりごと」は、皆さんお読みで…
  3. 編集長のひとりごと
    中体連夏季大会が終わり、間もなく新人戦が始まる。三年生およびその父兄にとってはかけがえのない…
PAGE TOP