第26回GSユアサエナジー杯争奪少年野球大会

岡崎野球スポーツ少年団が
 有終の美を飾る。

第26回 GSユアサエナジー杯争奪
少年野球大会

平成29年2月12日と19日の二日間にわたって、『第26回GSユアサエナジー杯争奪少年野球大会』が、湖西運動公園にて開催された。

この大会は、6年生の卒業試合として、地元の企業のバックアップの下、毎年この時期に行われ、湖西市内の少年野球6チームが参加。初日には3チームによるリーグ戦が行われ、各ブロック上位2チームが、二日目に行われる決勝トーナメントへと進出する。

予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメントへと進んだのは、新所少年野球クラブと、岡崎野球スポーツ少年団、白須賀少年野球クラブ、知波田少年野球クラブの4チーム。

準決勝第一試合は、A組1位の岡崎に、B組2位の知波田が挑む。試合は、岡崎が初回に“大量”5点を奪うと、そのまま試合の主導権を握り続け、7対0のコールドゲームで知波田を下し決勝進出。

準決勝第二試合は、B組1位の白須賀が、A組2位の新所と対戦。試合は、1回に白須賀が1点を先制するも、すぐさま新所が追いつき、1対1のまま試合は進む。お互い譲らぬまま、試合は最終回の攻防を残すのみ。その最終回に2点を挙げた新所に対し、白須賀は1点返すものの、あと一歩及ばず。
3対2で新所が白須賀を下し、決勝進出を決めた。

決勝戦は、安定した強さで勝ち上がってきた岡崎と、勝負強さを武器に、接戦をモノにしてきた新所が激突。初日のリーグ戦でも対戦した両チーム。この時は、岡崎が7対0(コールド)の大差で、新所を下している。

小学校“最後”の試合が幕を開けた。

1回、試合はいきなり動き出す。先攻の岡崎が1点を先制すると、その裏、すぐさま新所が1点を返し追いつく。2回はお互い無得点で迎えた3回、新所が1点を奪い、待望の勝ち越し点。

2対1と初めてリードを奪った。

岡崎がリードを奪われるのは今大会初。
これで目が覚めたのか、4回表、岡崎打線が爆発。
チャンスを逃すことなく一気に畳み掛け、3点を奪い逆転に成功。4回が終わって、4対2と岡崎リードとなった。リードを奪った岡崎は、その後は安定した試合展開。6回と7回にそれぞれ1点ずつを挙げリードを広げると、新所の攻撃を4回以降無得点に抑える。

結局、6対2で岡崎が新所を下し、小学生最後の大会を、優勝という最高のカタチで締めくくった。

昨年まで、『パナソニックエナジー杯』として親しまれてきた同大会だが、今年から企業の再編により、『G
Sユアサエナジー杯』と大会名が変更となった。

名称は変わったものの、運営スタッフや会場、さらには地域の子供たちを想う気持ちはそのまま受け継がれ、これからも、子供たちが活躍する場を提供してもらえることとなった。
スポーツは選手である子供たちのものである。

しかしながら一方で、それを支える親、大会を企画し、運営してくれるスタッフの存在を忘れてはならない。さまざまな人たちの協力があって、大会は行われているのだ。今後もこの大会が、永く続いてくれることを切に願いたい。

そして、小学生最後の試合を終えた子供たちは、中学へと挑む。
野球を続ける子もいれば、新たなステージを選ぶ子もいるだろう。

ただはっきり言えることは、「夢を達成するためには、小さなことを積み重ねること」しかない。

子供たちに幸あれ。

第26回GSユアサエナジー杯争奪少年野球大会

週休3日




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶ野球少年
    先日嫁さんとの会話を何気なく聞いていると、「コウタ二学期学級委員じゃん。それでさあ…」(…
  2. 革命的野球塾
    下半身で上体をしっかり受け止めるそしてステップへと入ります。ステップによって始める横方向の捻りを…
  3. 第11回 聖隷クリストファーカップ
    第11回 聖隷クリストファーカップ平成28年11月26日と27日に行われた『浜松地区女子バレーボ…
PAGE TOP