可美ストレングス

10年ぶりとなる
 県大会出場。

可美ストレングス

可美地区を中心に、入野や佐鳴台などの子供たち25名が所属する少年野球チーム『可美ストレングス』。
昭和56年に結成され、今年で36年目を迎える。

チームのモットーは、“野球を好きになり、長く続けられる”こと。

礼儀や団体活動の大切さに重きを置いた指導で、高校野球を目指して頑張る子供たちを育てている。
育成をメインとしている同チームでは、勝敗よりも、それに至るまでの過程や、その後の取り組みを大事にし、勝っても負けても試合から“何か”を学び、その後に活かしていくことの大切さを教えている。

練習は基本練習が中心。技術や状況判断能力を養うとともに、野球の楽しさを分かってもらうことで、子供たちの野球に対する“熱中力”を高めている。

今年のチームは、大人しくて真面目な子が多い。感情を表に出すことは少ないが、素直に野球に向き合うことで着実に力を付けてきた。

その成果が表れたのは昨年12月。

今年初の県大会を懸けた大会となる『しずぎんカップ』の浜松地区予選で上位2チームに入り、10年前に県大会(Z会旗)で準優勝に輝いて以来となる、県大会出場を果たした。

そもそも浜松地区はレベルが高く、県大会へ出場することは非常に困難。
そのため、ほとんどのチームにとって、県大会出場は“最大の目標”となる。

県大会へ出場する経験は、間違いなく、今後の野球人生において大きな財産となる。

5月に行われる県大会では、恐れることなく、思い切ってプレーしてきてほしい。

可美ストレングス

可美ストレングス




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 三ヶ日中学校
    三ヶ日中学校男子バレーボール部新人戦市内大会ベスト4。西部大会では優勝した袋井中学校に破れた…
  2. 佐鳴予備校
    視覚で理解する次世代の授業システム「See-be」See-be(シー・ビー)は、授業用に特化され…
  3. 積志中学校卓球部(男子)
    積志中学校卓球部(男子)新人戦の浜松地区大会では5位、西部大会では6位と上位進出を果たしてきた積…
PAGE TOP