引佐南部中学校野球部

目指すは県大会優勝。

引佐南部中学校
野球部

新人戦浜松地区大会にて、大きな注目を集めた引佐南部中学校野球部。

初戦の相手となった光が丘中学校を皮切りに、北浜中学校、北浜東部中学校と、後に県大会へと出場する強豪チームを相手に、3試合連続で1対0の完封勝利。
続く準々決勝では、天竜中学校を2対1で下し、ノーシードながらベスト4へと進出。

準決勝では、優勝した開成中学校に、特別延長の末敗れた(1対2)が、その活躍は周囲を驚かせた。

そんな大注目を集めた同部だが、部員は“なんと”たった10人。
試合登録ギリギリの人数だ。
一見ハンデと思えるが、「逆に一人ひとりに掛けられる練習時間が確保できる」と前向きに捉え、密度の濃い練習で戦えるチームへと成長してきた。

今年のチームは、右腕の内山結友くんと左腕の北沢勇都くんという二人のエースが凡打の山を築き、キャプテンで捕手の有海昌太朗くんを中心に“全員で守る”というのが基本的な戦い方。
攻撃では、少ないチャンスをモノにするための“集中力”で得点を奪う。
守備力と勝負強さがチームの持ち味ということになる。

今後は走塁に力を入れ、これまでの戦い方をベースに、さらなる得点力アップに取り組むという。

真面目を絵に描いたような選手が多く、練習中も、黙々と練習に励む姿が目を引く。

もちろん新人戦での成績に甘んじることは一切ない。
まずは、夏までの大会で県大会へと出場することが短期の目標。
そして、夏季大会では、“県大会優勝”を目指す。

彼らの地道さと真面目さが、必ずや未来の扉をこじ開ける。

引佐南部中学校野球部

引佐南部中学校野球部




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 聖隷クリストファー中・高等学校
    聖隷クリストファー中・高等学校予告していた通り、今回は6月7日・8日に行われた本校文化祭「聖隷祭…
  2. 産経新聞社講演会
    世界で通用するアスリートの育て方。~松山英樹・石川遼・宮里藍の事例から~講師/戸張 捷 氏…
  3. 平成28年度中学校総合体育大会
    平成28年度中学校総合体育大会ベスト8が決まってから「順位決定リーグ」を行う卓球団体戦。…
PAGE TOP