東海大会優勝投手
 独占インタビュー

谷脇 亮介 常葉橘高校(丸塚中出身)

 

---では、野球を始めたきっかけから教えてください。

「父が社会人までプレーを続けていて、実際に見たことはないのですが、「やっていた」というのを聞いて、自分も野球に興味を持ち始め、小学校2年生の時から野球を始めました」

---小学校時代の野球はどうでしたか?

「蒲野球スポーツ少年団でプレーしていました。僕たちの頃は上も下も人数がとても多かったです。今はそれほど多くないようですが…。苦しいというよりは楽しくプレーさせてもらいました」

---小学校時代の思い出は?

「県大会に出場させていただいたというのが一番の思い出です。小学校時代から県大会出場できたというのは、非常に大きな経験でした」

---中学では、始めから部活(軟式)でやるつもりだった?

「はい。少年野球のみんなが中学(軟式)でやるっていうのを聞いていたので、自分も中学でやることにしました」

---中学の部活での思い出は?

「一人ひとりが意識高くやっていたこともあって、その分、大会では楽しませてもらったという部分が大きいです。思い出は、怪我から明けて、春の大会でエースとして投げさせてもらって、県大会準優勝になったことです。ここでも大きな経験をさせてもらったと思っています」

---怪我をしている期間はどんなことをしたの?

「僕は体幹だったり、インナーマッスルを鍛えるようにしていました」

---高校はなぜ常葉橘高校へ?

「やはり「甲子園出場」が目標だったので、夏3度甲子園へ出ていて、「甲子園に近い」という面で常葉橘高校を選びました」

---寮生活はどうでしたか?

「最初は少し緊張していたんですけど、先輩たちが優しく接してくれたので、しっかりできたかなと思います」

---ご飯の量は多かった?

「夜は、ご飯を最低1キロは食べていました」

---高校時代の思い出は?

「自分たちの代で、春の県大会で優勝して、東海大会も優勝できたというのは大きい経験だったと思います」

---野球を打ち込むようになったきっかけは?

「僕は最初、高校に入るまではピッチングフォームで知らないことが多くて、高校に入ってからフォームの部分で、コーチからだったり、監督さんからだったりから学んできたので、そういった所で、自分でフォームを研究したりするようになって、その頃から野球に打ち込むようになりました」

---今後の目標は?

「大学では、東都リーグ一部という厳しい環境の中でやらせていただけるうえ、他の県から優秀な選手が集まってくると思うので、負けないように頑張っていきたいとは思っています。社会人でプレーした父にはまだ追いついていないので追い越したい。それが親孝行になると思うので。やはりドラフトの上位で掛かるような選手になりたいですね」

谷脇 亮介 常葉橘高校(丸塚中出身)

 

 




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 細江中学校 ソフトボール部
    細江中学校 ソフトボール部『中学校新人総合体育大会』の浜松地区予選では、準々決勝で浜北北部中学校…
  2. 三ヶ日フレンズ野球スポーツ少年団
    三ヶ日フレンズ野球スポーツ少年団“野球どころ”として知られる三ヶ日町。三ヶ日町には小学校…
  3. 中体連ソフトボール県大会
    中体連ソフトボール県大会は佐鳴台・浜松北部中学校が優勝7月23日に開幕した中体連ソフトボール県大…
PAGE TOP