星川 あかり

女子野球の未来のために。 vol.1

星川 あかり 女子プロ野球「レイア」

今春、“浜松初”の女子プロ野球選手がふたり同時に誕生した。
プロテスト受験者数40名のうち、合格者はわずか5名という狭き門をくぐり抜けた彼女たちに、これまでの歩みを振り返ってもらった。

 
---野球を始めようと思ったきっかけは?

「小学2年生の時に幼馴染みに誘われたのがきっかけです。その子のお父さんにも熱心に誘われたのでやってみることにしました。当時は埼玉県に住んでいたので、地元の軟式野球の『若松ブルーウイング』というチームです」

---その時の思い出は?

「4年生の時に初めて公式戦に出させてもらったのですが、凄く嬉しかったことを覚えています。一番の想い出というと、みんなと一緒に、県の一番大きな大会で優勝できたことです」

---その後ですか、浜松に来たのは?

「中学生になる時に、お父さんの転勤で浜松に来ました」

---中学生時代はどこで野球をやってたの?

「神久呂中学校に通っていましたが、野球は硬式野球チーム『浜松ボーイズ』でプレーしていました。ポジションは、小学校の時からずっと、ショートかピッチャーです」

---他に女の子はいましたか?

「当時の浜松ボーイズには約40人くらいいたと思いますが、女子はわたし一人だけでした。ただそれが嫌だと思ったことはありません」

---一番の思い出は?

「春と夏にボーイズリーグの全国大会があるのですが、その両方に出場できたことが一番の想い出です」

---そして高校へ。

「元々県外にしか女子の硬式野球部のある高校がなかったので、始めから県外の高校を考えていました」

---どうやって探したの?

「合同体験会があったのですが、都合が合わずに参加できませんでした。なので、後日学校に直接電話をして、練習に参加させてもらいました」

---それが京都外大西高校。

「はい。その時が、女子の中でやるのも初めてでした。そこでプレーする先輩たちを見て「ああ、こんなにできるんだ」と正直思って、この先輩たちと一緒にプレーしたいと思い、外大西に決めました」

---親元を離れての寮生活はどうでした。

「ホームシックになったり、不安なことはなかったです」

---高校での思い出は?

「2年生の時に、全日本っていう女子の中で一番大きな大会で優勝できたことが一番の思い出です」

---プレーのアピールポイントは?

「その場に応じて、自分ができる仕事を、「何が一番できるか」を考えてプレーすることです」

---プロ野球選手になっての目標は?

「やるからには球界の中でトップの選手になって、もっともっと女子野球の人気が出るように頑張りたいです」

星川 あかり




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. はまっと接骨院
    スポーツをしていれば、ケガをすることも多いと思います。特に学生時代は、多くの人が全力でスポーツと向き…
  2. 笠井中学校柔道部県大会の常連として知られる“強豪”笠井中学校柔道部。浜松地区新人戦では3…
  3. 浜松積志ノースカイト
    浜松積志ノースカイト一輪車を自在に操り、その技術や演技の完成度を競う一輪車競技の演技部門。…
PAGE TOP