空飛ぶ野球少年

[第13話] “復活”への大きな一歩!

10月13日。

今日は検診日。
予定では「OK」が出るはずの日だ。
仮に「OK」が出なかった場合、さらに2週間も様子を見ることになる。

診察室に呼ばれる。

こっちだけではない。
コウタにも緊張が走る。

硬い表情のままレントゲン室へと入り撮影。
しばし待たされる。

そしていよいよ“最後となるはず”のレントゲンチェック。

診断室に入ると、先生のパソコンの画面に写真が映し出されていた。

「うん、どこが折れたか分からないくらいキレイに治ってるネ!」

コウタの顔に笑顔が戻る。

「野球はやっていいですか?」

「もちろん思い切りやっていいよ!」

事故から53日目。待望の「OK」が出た!

しかし大変なのはこれから。
なにせ両腕ギブスだったため、両腕とも“メッキリ”細くなっている。

以前のようにバットを振ったりできないだろうし、ボールを強く投げることもできないだろう。長距離を走る体力もなくなっているだろう。
すごろくでいうところの“振り出しに戻る”だ。

そして一番の気がかりは“心の問題”。

常にやる気を持って野球に取り組んできたが、怪我をしている間に“張り詰めて”いたモノが切れてしまっている可能性がある。物事は“いやいや”取り組んでも上達はしない。
再び“前向き”に取り組んでいく必要があるはず。
果たしてコウタは大丈夫だろうか?

こればかりは親はどうすることもできない。
コウタ自身が乗り越えなければならない問題だ。

“試練はそれを乗り越えられる人にしか降りかからない”

コウタが試されるのはこれから。

それでもこの日の診断結果は、復活に向けた大きな一歩になったはず。
再びグランドに立つ日まで見守り続けたい。

コウタが頑張ることを信じて。

空飛ぶ野球少年




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 中体連女子バレーボール東海大会
    浜松地区から2校が全国大会へ8月9日、10日の両日、中体連女子バレーボールの東海大会が愛知県の岡…
  2. 浜松ブラッツ少年野球団
    浜松ブラッツ少年野球団浜松市北区初生町にある静岡文化芸術大学初生グラウンドを拠点に活動する『浜松…
  3. しつもんメンタルトレーニング
    レッスン3 言葉を考える日常、皆さんはどのような言葉を使っているでしょうか?そして、その言葉…
PAGE TOP