三ヶ日フレンズが
 躍進の県大会ベスト4。

第11回 静岡ガス杯
スーパージュニア学童軟式野球大会

『セイブ自動車学校旗スーパージュニア大会』で準優勝に輝き、チーム創立以来“初”となるスーパージュニアでの県大会出場となる三ヶ日フレンズ野球スポーツ少年団

その初戦の相手は、静岡支部の静岡ツインズ野球スポーツ少年団。

試合は、序盤からフレンズの打線が爆発。
初回に、長短打を織り交ぜ一挙12点を奪うと、その後も毎回得点を挙げ、大量18得点を獲得。投げては投手陣が相手打線を初回の2点のみに封じ込み、18対2の大勝で2回戦進出。

続けて行われた2回戦。相手は、藤枝支部代表で、“県大会常連”の大洲野球スポーツ少年団。

強豪に対してもフレンズ打線は好調をキープ。
初回に5点を奪い試合の主導権を握ると、2回、3回と追加点を挙げる。
しかしこの試合では堅かった守備が乱れ4失点。

3回が終わって7対4。
フレンズがリードするも、まだ安心できる展開ではない。

4回はお互い無得点で迎えた最終回。
フレンズは、先頭打者が相手エラーで出塁するとすかさず盗塁。
このプレーを足掛かりに2点を追加することに成功。

結局、9対4でフレンズが勝利し、見事ベスト4進出を決めた。

準決勝では富士支部の富士第二ルーキーズ少年野球団と対戦。

打線が爆発し勝ち上がってきたフレンズに対し、ルーキーズは接戦をモノにし勝ち上がってきた。
対照的な両者の戦いとなった。

試合は、フレンズの強力打線が、緩急をつけた投球をする相手投手の前に沈黙。
7三振を喫する。
一方のルーキーズは、スクイズを中心に得点を重ね、結局、0対8のスコアでフレンズは敗れ、決勝進出は叶わなかった。

ただ、4年生以下ながらにフルスイングをするそのスタイルは、充分すぎるインパクトを残したのではないだろうか。

大会後、取材を兼ねてフレンズの練習場を訪れた。

そのグランドには子どもたちの声が響いていた。
その声は、ただ張り上げているだけのものではない。

ミスを指摘し、好プレーを賞賛する、“生きた声”だった。
仲間の声に呼応し、必死にボールに食らいつく子どもたちの姿がそこにはあった。

少年野球の在るべき姿を見たような気がした。

第11回 静岡ガス杯 スーパージュニア学童軟式野球大会




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 高野 裕也 曳馬中学校 水泳部
    高野 裕也 曳馬中学校 水泳部昨夏行われた『全国中学校総合体育大会』で、競泳200m自由形と40…
  2. 第34回中日旗争奪西部地区中学生新人バスケットボール大会
    第34回中日旗争奪西部地区中学生新人バスケットボール大会令和元年11月2日から4日間に渡って行わ…
  3. 北浜中学校サッカー部
    北浜中学校サッカー部自主性を重んじ、自分たちで考えたチーム作りを進めている北浜中学校サッカー…
PAGE TOP