空飛ぶ野球少年

[第12話]復活への大きな“一歩”

10月3日。

この日は可美公園にて練習試合。

仕事を片づけ慌てて向かったが、着いた頃には午後2時をまわっていた。
駆け足でグランドへと向かうと、5年生中心のメンバーが可美のチームと試合をしていた。

ベンチ横では、サトシがキャッチボールをしていた。

「サトシ、今から投げるの?」
と聞くと、

「もう投げました」

「0点で抑えた?」

サトシは笑顔で頷いた。

どうやら完全に一皮剥けたようだ。

コウタはこの日は3塁コーチ。

事故から一ヶ月ちょっと。
コーチとはいえ、試合に携われるまで回復してきた。

(改めて思うが、子どもの回復力はスゴイ)

練習試合とはいえ、大きな声が出ている。

試合は終始フレンズペース。

そして最終回。

驚きの“事件”が起こった!

ベンチで何やらコウタが監督と話をしている。
笑顔で大きく頷くと、グローブを持ってライトへ走った。

「!」

8月21日以来の守備、試合への出場だ。

驚いたのはもちろんだが、それ以上の「嬉しい」という感情が身体中を駆け巡った。

もちろん、試合勘が戻っていないため守備位置も少し微妙。ちょっと深すぎるし、ラインに寄りすぎている。ベンチで観ているのと、出るのでは視界が違うから仕方ない。

結局ボールは飛んでこなかったが、笑顔でベンチへと帰ってきた。
監督や仲間たちがコウタをとびっきりの笑顔で迎えてくれた。

コウタは恵まれている。

チームメイトはもちろん、父兄、監督やコーチなどの指導者の皆さんも常に気をかけてくれている。時に厳しく、時に優しく、正しい方向へ導いてくれている。心のある子供に育っているのは、こうした皆さんのお陰だ。
「なかなか、こんなに周りに恵まれている人間もいないのではないか」としみじみ思った。

試合が終わり、帰宅するやいなや、

「キャッチボールやりに行くか!」
コウタが声をかけてきた。

「よし行こう!」
自宅のすぐ裏にある広場へと行き、軽くキャッチボール。

「よし、じゃあちょっと打つわ!」

両腕のギブスが取れてから、まだ一度も全力でバットを振っていない。
医者から注意されているからだ。
本格的に「ゴー」が出るのは10月13日の予定だ。

最初は軽く“当てる程度”だったのだが、だんだんと強振し始め、最後の方は“全力”で振っていた。
今日の試合も打席に立ちたかっただろう。
でも“我慢”した。
とにかく“完全復活”は10月13日の診察以降だ。

波打っていた振りが段々と鋭くなってきた。打球もライナー性の当たりが“チラホラ”ある。

「あと一発いい当たりが出たら終わるか!」

日はほとんど沈み、辺りは薄暗くなっている。
ボールはほとんど見えない。

「もう一丁!」
それでもコウタは振り続けた。真剣に振り続けた。

完全復活まであと“わずか”。

明日を夢見るには充分すぎるほどの、大きな大きな一日だった。




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 中学校夏季総合体育大会 バスケットボール競技の部(男子) 県大会結果
    中学校夏季総合体育大会バスケットボール競技の部(男子)県大会結果平成29年7月25日に開…
  2. 北浜中学校野球部
    北浜中学校野球部強豪校でありながら、新チーム結成後、公式戦で“わずか”1勝しか挙げられず、苦汁を…
  3. 内山太郎ダンススクール
    内山太郎ダンススクールイギリスを発祥とする『ボールルームダンス(社交ダンス)』。二人で呼吸を合わ…
PAGE TOP