浜松ケイ・スポーツJr.

浜松選抜が
 3年ぶり二度目の優勝。

第8回 ナガセケンコー杯
京都府KWB野球秋季大会

平成28年11月12日(土)と13日(日)の二日間に渡って、『第8回 ナガセケンコー杯 京都府KWB野球秋季大会』が、京都市左京区の岡崎公園野球場にて開催された。

この大会は、軟式野球と硬式野球の橋渡しとして使用されているKWB(旧Kボール)を使用した大会。
地元の京都を始め、大阪や兵庫、愛知といった“野球どころ”が集まって開催され、今回で8回目を数える。

浜松地区からは、中学トレセンの選抜選手で構成された“浜松ケイ・スポーツBC Jr(以下浜松選抜)”が出場した。

初戦の相手は、地元の“京都宇治ベースボールクラブ”。

浜松選抜は、先発の吉田康一郎くん(中部中)が相手打線を寄せつけないピッチングでノーヒットに抑えると、その後を引き継いだ後藤祐杜くん(都田中)もヒットを打たれることなく無失点で抑え、二人で“ノーヒットノーラン達成”。
試合は3対0で浜松選抜が勝利した。

準決勝の相手は、兵庫県の選抜チーム“MAJOR HYOGO 2nd stage”。

“県選抜”という強豪なだけに苦戦が予想されたが、浜松選抜が2回と3回にスチールとランエンドヒットなど足を絡めて2点を先制。
投げては、前の試合でも好投した後藤くんが相手打線を翻弄し、散発無失点の完封勝利。
決勝へと駒を進めた。

決勝の相手は、大阪泉州地区選抜の“チーム大阪”。

ここまで無失点で勝ち上がってきた浜松選抜だったが、この試合では先発投手がいきなりつかまる。
1回表にいきなり5点を奪われ劣勢に立たされる。

浜松選抜は3回と4回に1点ずつ返し、2対5と3点差に詰め寄ったが、逆に5回と6回に1点ずつ追加され、2対7と再び5点差に。

それでも諦めない浜松選抜は6回裏に2点を返し、4対7と3点ビハインドで最終回へ。

先頭打者が粘りフォアボールで出塁。

一死後、叩きつけた打球はボテボテの内野ゴロ。
打者は諦めずに全力で走り、一塁へ気迫のヘッドスライディング。

「セーフ!」

内野安打となり、ワンアウトながらランナー1塁、2塁。

するとここで、気落ちしたのか、相手投手が大乱調。

フォアボールにくわえタイムリーヒットも飛びだし、瞬く間に7対7の同点に追いつく。

なおも二死満塁。
一打“サヨナラ”のチャンス。

「カキーン!」

快音を残した打球はセンター前へ。

「サヨナラ!」

誰しもがそう思ったのだが、その前に1塁ランナーが2塁でまさかの封殺…。

得点は認められず、試合はサドンデス(無死満塁)の延長戦へと入った。

ここでベンチは、初戦、準決勝と好投を見せた後藤くんをマウンドへ送り出す。

8回はお互い2点を奪いあい、運命の9回へ。

後藤くんが相手を0点に抑えると、その裏、中根遼介くん(麁玉中)がライト前ヒットを放ち、浜松選抜が「サヨナラ勝ち!」

3年ぶり二度目の優勝を果たした。

なお、大会MVPには後藤祐杜くん(都田中)が選ばれた。

高校での彼らの活躍が楽しみな大会となった。

浜松ケイ・スポーツJr.

浜松ケイ・スポーツJr.

浜松ケイ・スポーツJr.

応援企業募集!




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会
    浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会浜松地区の64チームが出場した『浜松東法人会杯争奪…
  2. 佐鳴予備校
    視覚で理解する次世代の授業システム「See-be」See-be(シー・ビー)は、授業用に特化され…
  3. 編集長のひとりごと
    新チームになりワンクール(三ヶ月)が経過した。新人戦の地区予選も終わり、十分な結果がでたチー…
PAGE TOP