浜松積志ノースカイト

多くの人を魅了する演技を

浜松積志ノースカイト

一輪車競技には、大きく分けて二つの種目がある。駅伝やマラソンでタイムを競う「競技部門」と、美しさや技の完成度を競う「演技部門」だ。

浜松市北部エリアを中心に活動している『浜松積志ノースカイト』は、グループ演技部門において、中学生以上の大会で5年連続「全国大会」出場、小学生の部では2年前の「全国大会」で“優勝”している強豪チームだ。

同クラブは、平成14年に結成。現在は幼稚園児から高校生まで60名が所属。一輪車を楽しみ、やるからには“上”を目指したいという向上心を持って活動している。入部当初は一輪車に乗れない子がほとんどなため、上級生が見本を見せながら下級生一人ひとりに丁寧に教えている。

7月に行われた全国大会において、小笠原胡桃さんと河合紗穂さんは、グループ部門同様に“クラブ史上初”となるペア部門での出場を果たした。

小笠原さんは小学二年生で、河合さんは小学三年生の時に入部。入部当初、河合さんは一輪車に全く乗れなかったという。ペアを組んで四年。諦めずに挑戦し続けてきたことが実を結んだ。「来年もグループはもちろん、ペアでも全国大会出場を果たしたい。そして、全国に『ノースカイト』という名前を広めたい」

9月に福島県で行われる全国大会に、小学生以下の2チームが出場する。中学生以上は、12月に開催の「関東オープン」に向けて再スタートを切った。これからも、飽くなき向上心が織りなす技が、多くの人たちを魅了する。

浜松積志ノースカイト

■TEAM DATA

活動日 土・日曜日(13:00~16:00)

活動場所 積志協働センターなど

団員数 60名

入団条件 幼稚園児以上

主な戦績 全国小学生一輪車大会優勝、さわやか全日本一輪車競技大会4位、関東オープン3位




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松毎日文化サロン講演会
    未来のリーダーを育てるために2012年Vリーグ終了後、いくつものチームが廃部や解散に追い込まれま…
  2. 平成29年度浜松地区中学校夏季大会[バレーボール女子]平成29年7月8日に予選リーグが行われ…
  3. 編集長のひとりごと
    今年もこの季節がやってきた。今回号でも例年通り『列強列伝』と題し、注目チームとして、新人戦浜松地…
PAGE TOP