浜松地区中学校駅伝競走大会

女子は北浜中が、
 男子は入野中が優勝。

浜松地区中学校駅伝競走大会

平成28年度の中学校体育連盟が主催する最後の大会となる『浜松地区駅伝競走大会』が、平成28年10月29日、浜名湖ガーデンパークにて開催された。

舞台となるのはガーデンパーク内に設けられた特設コース。女子は総距離11.1kmを5人で、男子は総距離15.6kmを6人でタスキを繋ぐ。

女子の注目は、3年連続3度目の優勝を狙う北浜中学校

最長距離となる一区は、鈴木笑理さん(新居中)がトップでタスキを渡したものの、わずか5秒差の中に5チームがひしめき合う混戦のまま二区へ。

二区では“本命”北浜中の森本采峰さんが区間賞の走りでトップに躍り出ると、続く三区の渡邉葵さんも区間賞を獲得し、北浜中が独走態勢に入る。

その後も後続を引き離し、2位に1分以上の差をつけてぶっちぎりでゴールイン。
見事三連覇を達成した。

2位には、アンカー(五区)の宮津季亜来さんが会心の走り(区間賞)を見せた三方原中学校が入った。

一方の男子は混戦模様。

一区は十数校が混戦のまま二区へタスキを繋ぐ。

二区では入野中の國谷祐羽くんが区間賞の走りでトップに立つも、2位の湖東中との差はわずか2秒。

その後はこの2校に南部中学校をくわえた3校がデッドヒートを展開。
目まぐるしくトップが入れ替わる。

アンカーにまずタスキを渡したのは湖東中。
1秒差で南部中が続き、さらにその1秒後に入野中が続く。

周回コースを回り、最初にゴールに現れたのは湖東中と入野中の2校。

並ぶようにしてゴールテープへ向かったが、鈴木星摩くん(入野中)が宮野桂輔くん(湖東中)をかわしトップでゴール。

史上稀に見る接戦を制した入野中学校が優勝を果たした。

浜松地区中学校駅伝競走大会

入野中
●男子 6人全員が快走を見せ、大混戦の中、見事優勝を飾った入野中学校。

北浜中
●女子 3年連続優勝の北浜中学校。前週の西部駅伝では完全優勝を果たしている。

浜松地区中学校駅伝競走大会




ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. アクティベイトジム
    最近では、スポーツだけでなく、健康・ダイエットの分野でも体幹の強さが大切だといわれています。普段から…
  2. AMIGOドッジボールクラブ
    AMIGOドッジボールクラブドッジボールというと、学校や子供会でのレクリエーションを思い浮かべる…
  3. 第43回選抜少年野球三ヶ日大会
    第43回選抜少年野球三ヶ日大会平成30年4月28日から30日までの3日間にわたって、『第43…
PAGE TOP