広沢卓球少年団

大事なことは「卓球が好き」だということ

広沢卓球少年団

平成3年に結成され、今年で24年目を迎える広沢卓球少年団

広沢小学校を中心に活動し、幼稚園児から高校生まで、総勢35名が練習に励んでいる。幼稚園から始める子もいれば、中学生になってから始める子もいるため、技術的には個人差はある。ただ、『卓球を楽しむ』というチーム方針のもと、みんな楽しそうに練習しており、「卓球が好きなんだ」ということがひしひしと伝わってくる。

もちろん、試合で結果を残す選手もいる。

5月に行われた『全日本卓球選手権バンビの部』で、県大会優勝を果たした渡辺くんと3位の岡本くんは、7月に兵庫県で開催される全国大会に出場することが決定。渡辺くんは3年連続、岡本くんは2年連続での出場となる。

ほかにも、新人戦の東海大会で優勝した蜆塚中学校卓球部のメンバーも同チームに在籍。こうしたトップアスリートを目指す選手も一緒に練習をすることで、チーム全体に良い刺激を与えている。

同チームでは、結成当初から、毎年クリスマス会やお楽しみ会を開き、チーム内での親睦、さらには地域との交流を図っている。若い子たちが先輩と触れ合うことで、目上の人に対する立ち振る舞い方や言葉遣いが自然と身に付く。

地域の人達が子供たちを支え、子供たちは思いやりや感謝の気持ち、社会マナーを学ぶ。結成時から変わらぬ少年団としての在り方は、これからもずっと受け継がれていくことだろう。

広沢卓球少年団

■TEAM DATA

活動日 木曜日の夜、日曜日

活動場所 広沢小学校

団員数 35名




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. アスリート対談
    岩切敏久×梅林慎吾膝が曲げられないほど痛みは増していた。その痛みはスポーツができる状況にはなく、…
  2. 中体連男子卓球県大会
    浜松地区から3校が東海大会へ中体連男子卓球の県大会が終了し、浜松修学舎中学校が5連覇を達成した。…
  3. 積志中学校男子剣道部
    積志中学校 男子剣道部ここ数年で“県内屈指”の強豪校としての地位を確立してきた積志中学校男子剣道…
PAGE TOP