浜松開誠館中学校野球部

“ダークホース”が旋風を巻き起こす

浜松開誠館中学校野球部

昨秋からの半年間、部員不足により合同チームで大会に参加してきた浜松開誠館中学校野球部。新年度を迎え、1年生が新たに加入。部員が17名となり、単独チームとして中体連夏季大会に挑めることになった。

今年は、主将の新井くん、長打力のある4番の山下くん、エースの高部くんを軸とした、攻守にバランスの取れたチーム。攻撃では、クリーンアップを中心とした破壊力抜群の打線と、常に仕掛ける積極的な走塁がチームの武器。守備では、安定感のある左右の投手を擁し、特に左腕の高部くんは球威・制球ともに申し分なく、エースとして、チームメイトも絶対の信頼感を寄せている。

中・高一貫の同校。中学校では『基礎・基本の徹底』を掲げ、次のステージで活躍できる選手を育成。

指導にあたるのは、浜松選抜でも指導経験のある下河邉監督。
「最後に勝敗を分けるのは基礎技術の部分。プレッシャーのかかる場面でも落ち着いてプレーできるか。大事な場面でミスをしないか。その自信をつけるために基礎練習を徹底的に行っています。それに、できるだけ多くの子に卒業後も野球を続けてもらいたい。この 年間で身に付けた技術は、高校野球でも必ず役に立つはずですから」と同監督。

部員不足という苦しい時期を乗り越え、訪れる中体連夏季大会。戦う準備は整った。“ダークホース”として旋風を巻き起こすことを大いに期待したい。

浜松開誠館中学校野球部

 

一番プリント

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松西高中等部水泳部(男子)
    浜松西高中等部水泳部(男子)フリーリレーにおいて2年連続で全国大会出場を果たしている浜松西高中等…
  2. 第11回 聖隷クリストファーカップ
    第11回 聖隷クリストファーカップ平成28年11月26日と27日に行われた『浜松地区女子バレーボ…
  3. 内山太郎ダンススクール
    内山太郎ダンススクールイギリスを発祥とする『ボールルームダンス(社交ダンス)』。二人で呼吸を合わ…
PAGE TOP