なぜ、コーチに「ひざを曲げろ」と言われると、ひざが痛いの?

Question
バスケットボール、ディフェンスの構えで「ひざ」を曲げろ!

バスケをするあなたなら、一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

そう言われ、ひざを曲げて腰を落としてみるのだが、「ひざが痛いからできない」という経験や、周りのチームメイトの訴えを聞いたことがあるかもしれません。

でも、みんな同じ練習をしているのに、なんで「痛い人」と、「痛くない人」がいるのでしょう?

Answer
ひざは「曲げる」ものではなく、「曲がる」もの!!

ディフェンスでは、相手に抜かれないための素早い動きや切り返しが重要なため、ひざが曲がった姿勢が必要になります。あるいは、そのために必要な「脚力」をつけるために、ひざを深く曲げて、“頑張る”姿勢で練習をしていることもあります。

しかし、この「ひざを深く曲げて頑張る姿勢」が、小・中学生のひざに大きな負担となり、それが痛みの原因になる場合があります。

曲げるのは「ひざではなく股関節」

アスリートヴィレッジ

腰を低くする姿勢でやるべきことは、お尻を後ろに引くように行う「股関節」を使った動きです。

股関節を上手に使うことで、ももの筋肉ではなく、お尻の筋肉を使うようになります。股関節を曲げることで、“結果的に”ひざが曲がってしまうのが正解です。

どの動きでも股関節を中心に使う動きになると、痛みの予防・改善だけでなく、「走る」「ジャンプする」「切り返す」など、すべての動きが良くなります。

逆に、ひざを中心に運動してしまうとパフォーマンスは低下し、痛みの原因にもつながります。

この体の使い方は、選手によって「クセ」がさまざまです。しかし、それは正しいトレーニングで変えることができます。

ちなみに、アメリカの強い選手たちは、小さいころからこれができているんですね。

ひざは「曲げる」ものでなく、「曲がる」もの。ぜひ注意してみてください。

アスリートヴィレッジ

アスリートヴィレッジ

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶ野球少年
    9月23日(祝)。運動会が目前に迫ったこの日も夕方にランニングを実施。もちろん“コケ…
  2. 浜松開誠館中学校女子バスケットボール部
    浜松開誠館中学校女子バスケットボール部新人戦浜松地区大会で準優勝、続く西部大会では優勝を飾った浜…
  3. 浜松地区中学校駅伝競走大会
    浜松地区中学校駅伝競走大会平成29年度の中学校体育連盟が主催する最後の大会となる『浜松地区駅伝競…
PAGE TOP