なぜ、コーチに「ひざを曲げろ」と言われると、ひざが痛いの?

Question
バスケットボール、ディフェンスの構えで「ひざ」を曲げろ!

バスケをするあなたなら、一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

そう言われ、ひざを曲げて腰を落としてみるのだが、「ひざが痛いからできない」という経験や、周りのチームメイトの訴えを聞いたことがあるかもしれません。

でも、みんな同じ練習をしているのに、なんで「痛い人」と、「痛くない人」がいるのでしょう?

Answer
ひざは「曲げる」ものではなく、「曲がる」もの!!

ディフェンスでは、相手に抜かれないための素早い動きや切り返しが重要なため、ひざが曲がった姿勢が必要になります。あるいは、そのために必要な「脚力」をつけるために、ひざを深く曲げて、“頑張る”姿勢で練習をしていることもあります。

しかし、この「ひざを深く曲げて頑張る姿勢」が、小・中学生のひざに大きな負担となり、それが痛みの原因になる場合があります。

曲げるのは「ひざではなく股関節」

アスリートヴィレッジ

腰を低くする姿勢でやるべきことは、お尻を後ろに引くように行う「股関節」を使った動きです。

股関節を上手に使うことで、ももの筋肉ではなく、お尻の筋肉を使うようになります。股関節を曲げることで、“結果的に”ひざが曲がってしまうのが正解です。

どの動きでも股関節を中心に使う動きになると、痛みの予防・改善だけでなく、「走る」「ジャンプする」「切り返す」など、すべての動きが良くなります。

逆に、ひざを中心に運動してしまうとパフォーマンスは低下し、痛みの原因にもつながります。

この体の使い方は、選手によって「クセ」がさまざまです。しかし、それは正しいトレーニングで変えることができます。

ちなみに、アメリカの強い選手たちは、小さいころからこれができているんですね。

ひざは「曲げる」ものでなく、「曲がる」もの。ぜひ注意してみてください。

アスリートヴィレッジ

アスリートヴィレッジ

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松学院中学校
    東海制覇を果たし、いざ全国へ8月8日から愛知県の東海市民体育館で行われた中体連男子バスケットボー…
  2. 赤佐四区ソフトボールクラブ
    赤佐四区ソフトボールクラブ『赤佐四区ソフトボールクラブ』の取材で赤佐小学校グランドへ。同…
  3. 浜松学院中学校 バスケットボール部
    浜松学院中学校 バスケットボール部創部6年目を迎える浜松学院中学校バスケットボール部。創部2年目…
PAGE TOP