平成28年度中学校総合体育大会

曳馬中が圧倒的な力を
 見せつけ地区優勝。

平成28年度中学校総合体育大会

大会2日目、いきなり波乱が起こる。

県大会で常に上位に進出していた“大本命”、第1シードの都田中学校が特別延長の末、笠井中学校に0対1で敗れた。
勢いに乗るかと思われた笠井中だが、三回戦で新居中学校に敗れ県大会出場ならず。
新居中は準々決勝で、好投手擁する舞阪中学校を特別延長の末(6対4)退けた北浜中学校と対戦。
接戦の試合は特別延長となったが、これを北浜中が制し(8対7)、準決勝へと駒を進めた。

北浜中と準決勝を戦うBブロックでは、シード校の天竜中学校が積志中学校に敗れる(0対5)波乱があったものの、このブロックを制したのは第4シードの高台中学校。
高い投手力を武器に安定した戦いで準決勝に進出した。

Cブロックでは、『レワード旗』覇者で、シード校の丸塚中学校が、攻撃力が売りの三方原中学校に敗れる(4対6)波乱。
三方原中は試合を重ねるごとに勝負強さが増し、新人戦王者で第3シードの三ヶ日中学校との戦いでは、少ないチャンスをモノにし3対1で勝利。準決勝進出を決めた。

Dブロックはシード校が順当に勝ち上がり。与進中学校と第2シードの曳馬中学校が準決勝進出を懸けて戦ったが、曳馬中が安定した試合運びで与進中を一蹴。4対0で準決勝進出を決めた。

準決勝第一試合では、北浜中が第4シードの高台中と対戦。
試合は緊迫した投手戦となったが、1対0で北浜中が勝利した。

準決勝第二試合は、ノーシードから勝ち上がってきた三方原中が第2シードの曳馬中に挑んだ。
試合は曳馬中が終始主導権を握り、4対1で勝利。

続いて行われた決勝戦では、選手層で優る曳馬中が北浜中に圧勝(10対2)し優勝を果たした。

県大会へはこの4チームの他、順位決定戦を勝ち抜いた、三ヶ日中、積志中、与進中が進出した。

県大会では上位進出が期待された浜松勢だったが、曳馬中と、北浜中、積志中のベスト16が最高成績となった。。

平成28年度中学校総合体育大会

 

clipstrogolf

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 平成28年度中学校総合体育大会
    平成28年度中学校総合体育大会ベスト8が決まってから「順位決定リーグ」を行う卓球団体戦。…
  2. アクティブジム
    実は私も高校時代(20年以上前)、オスグッドで膝の前(脛骨粗面)の痛みに悩まされました。膝をついたり…
  3. 第41回毎日文化サロン講演会
    城彰二西野ジャパンを語る。まもなくワールドカップロシア大会が始まります。日本中がサッカー…
PAGE TOP