編集長のひとりごと

希有なドラマを生み出す最大の要素は“親子の絆”

中学三年生にとっては、中学校生活“最後”の大会である『中体連夏季大会』が始まった。

ざっくりの数字だが、浜松地区には六十校、二万五千人くらいの中学生がいる。そのうち、三年生は約八千人。八千人の中学生が最後の夏を迎えたことになる。これを書いているのは7月16日。ほとんどの部活で地区大会が終わった。競技によってバラツキはあるものの、県大会へ進めるのは7、8チーム。そう考えれば、七千人以上の三年生が部活の引退を迎えたことになる。

中学校体育連盟様のご協力のもと、さまざまな競技の取材をさせていただくことができた。その取材の中で、さまざまなドラマに立ち会わせてもらうこともできた。

その中で感じたのは、「最後の夏は違う」ということだった。

これまでも幾つかの大会を取材させてもらった。もちろん、その中にもドラマはあった。だが、この中体連夏季大会のドラマ性は際立っていた。勝ったチームは、これまでにないほどの歓喜に沸き、負けたチームは、人目をはばからず、号泣する。子供をサポートし続けてきた親御さんは、子供たちに労いの言葉を投げかけ、「よく頑張った」と涙を流す。

「部活には四季がある」という話を、とある先生から聞いたことがある。

部活の四季は、秋から始まり、夏に終わる。

新チーム結成直後の10月から11月は、“組織”の秋。組織としてのカタチを作り、その和を重視する。チームの和が乱れていては、この先の厳しい練習に耐えることはできない。「連帯責任」が問われるのはこの時期ということになる。

12月から2月は、“工夫”の冬。寒さが厳しくなり、日照時間も減る。その中でさまざまな工夫をし、効率よく練習することが求められ、さらにはチームとして戦うカタチを形成する。

3月から5月は、“鍛錬”の春。徹底的に追い込むことで、最後の夏を迎えるために最後の追い込みをかける。チームが“グン”と伸びる時期でもある。

そして6月からは、“気持ち”の夏。負けたら終わりの最後の大会。技術よりも、気持ちが勝敗を左右する。

プレーの美しさなど関係ない。「絶対に負けたくない」という気持ちが生み出す“泥臭い”プレーこそが、勝利への鍵となる。

独自の解釈だが、こういうことだろうと思う。

ある競技の取材中のこと。

あるチームが順位決定戦で敗れ、県大会出場を逃した。
県大会に出場する力を持っていたチームなだけに、ある意味“波乱”でもあった。泣き伏せる子供たちの横で、目を真っ赤にした父兄たちが、子供たちに労いの言葉をかけていた。

その中に顔見知りの父兄がいた。目が合うと、こちらに歩み寄ってきてくれた。お互い軽く会釈をすると、その父兄は目を真っ赤にしたままこう話しかけてきた。

「いや~終わっちゃいました。こんなに“ズシン”とくると思わなかったです。(しばらく沈黙)次の週末から何すればいいんだろう…」そう言うと遠くに目をやった。

「お疲れさまでした」
深々と頭を下げ、そう言うのが精一杯だった。

詳しいことはわからない。

ただはっきりと分かるのは、この父兄の子供は精一杯頑張り、そしてこの父兄はしっかりと子供に寄り添って、成長を見届けていたということ。

部活動は子供を成長させるだけではない。親として、正しい親子関係の在り方を学ばせてくれる場でもある。部活動の意義は、きっとこういう所にあるのだろう。

こういう親子の絆が、“最後”という要素の中にあるからこそ、希有なドラマ性を生み出しているのだと思う。

三年生の皆さん、ご父兄の皆さん、「お疲れさまでした」。

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 中学校夏季総合体育大会 バスケットボール競技の部(男子) 県大会結果
    中学校夏季総合体育大会バスケットボール競技の部(男子)県大会結果平成29年7月25日に開…
  2. 浜松開誠館
    浜松開誠館中学校野球部春の全日本軟式野球大会において浜松ブロックで初優勝を果たし、創部以来初…
  3. 平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会
    平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会平成29年11月3日と4日の2日間にわたって…
PAGE TOP