湖西FC

町が一体となる
 サッカークラブ。

湖西FC

昭和61年に、「湖西市にサッカーというスポーツを根付かせよう」と、『湖西サッカースポーツ少年団』として創設。湖西地区にはサッカー部を持つ中学校がないため、平成5年には、「卒団した子供たちにサッカーができる環境を」と、ジュニアユースを立ち上げた。そして、平成18年に湖西地区で存分にサッカーができる環境を整え、NPO法人『湖西FC』を設立。幼児から社会人まで一貫したクラブとして新たなスタートを切った。

鷲津小学校と湖西東小学校のグランドをメインに活動しているが、さまざまな学区の子供たちが数多く在籍。現在は、幼児から中学生までで総勢150名。学区、世代の垣根を越えて、これまでにない、新しい交流の場となった。

U12キャプテンの石田遥輝くんは、「みんなで声を出して勝てるように頑張っています。学校とは違う仲間もできて、とても楽しくサッカーができています」と話す。

さらに副キャプテンの安井大晴くんは、「練習や試合では、厳しいこともあるけど、楽しいことの方が多いです。コーチも一緒になって遊んだりしているので、サッカーがすごく楽しいです」と話してくれた。

まさに、サッカークラブとして“地域の象徴”となっている。

短い取材時間ではあったが、子供たちが活き活きとプレーをし、笑顔で話す姿を見て、クラブでの居心地の良さを感じることができた。

地域で支えるサッカークラブ。

彼らにとって、それはかけがえのない“もうひとつの家”なのかもしれない。

●問い合わせ
http://www.jr-athlete.org/soccer/kosaifc.html

湖西FC

湖西FC

 

clipstro




動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会
    平成29年度西部中学校新人バレーボール選手権大会平成29年11月3日と4日の2日間にわたって…
  2. 北浜東部中学校
    挑戦者として“本気”で挑む夏“挑戦者”として挑んだ新人戦の浜松地区大会では、並み居る強豪を倒し優…
  3. スポーツ障害に負けない身体を手に入れよう。
    まず、私たちが体幹として考えているのは「肩甲骨から肋骨、お腹から骨盤」を含めた大きな範囲の体の胴体部…
PAGE TOP