目指せ、プロゴルファー。

ゴルフで“プロ”を目指している中学生が、ここ浜松にいる。

それは、入野中学校に通う内山愛梨さん(中学2年生)だ。

彼女がゴルフを始めたのは小学4年生の時。

ゴルフをしていた3歳年上のお兄さんの影響だ。親に連れられてお兄さんの大会を見に行くことが多かった彼女。始めの頃は嫌々ついていっていたのだが、何度もゴルフを目の前で見ているうちに、「自分もやってみたい」と思うようになり、クラブを握った。

練習を始めるとみるみる上達。

その才能が頭角を現すまでに時間は要しなかった。数々の大会で好成績を収めると、小学6年生の時に出場した『タイガー魔法瓶プレゼンツ石川遼カップジュニアゴルフチャンピオンシップ』で、見事優勝。ジュニア日本一に輝き、プロゴルファーという夢が、明確な“目標”へと変わった。

中学に入ってからは、コースの距離の変化に苦戦している。

それでも、『静岡県女子アマチュアチャンピオンシップ』では、大人の選手たちと対等に争い6位と不本意な結果となったが、距離の変化にも慣れ始め、中学3年から出場権利のある国体出場を目指す。

現在では、家での練習のほかに、週4回は練習場で打ち込み、月2回はヤマハジュニアゴルフスクールによる葛城ゴルフでのラウンドレッスンや浜名湖カントリーでのラウンド、週1回はアローズジムで体幹・筋力トレーニングと、目標達成のために一日一日を大切に過ごしている。

内山さんは今後についてこう話す。

「初めはプロとかじゃなくて、ただやってみたいな、って程度でした。ただ、広いコースでプレーすることが楽しくてたまらなかった。そのうち、状況に応じて打ち方を変えたり、考えてプレーすることの楽しさを覚えて、さらに、練習したことができた時の達成感が嬉しくて。そうしたら、大会でも結果がでるようになって。ゴルフをするたびにどんどん好きになって、もっと上を目指してみよう、という気持ちになりました。練習場やコースの方々には本当に良くしてもらって、感謝の気持ちでいっぱいです。この道の先には“プロ”があるので、支えてくれる人たちのためにも、今できることを、地道に、しっかりと頑張ってやっていきたいです」

毎日欠かさずクラブを振り、目の前に現れた壁を乗り越えながら前へ進む。
上手くいく日もあれば、全く駄目な日もある。そんな一日一日の先に彼女の目指す場所がある。

期待したい。彼女がプロゴルファーとして活躍する日を。

プロゴルファー

clipstrogolf

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 設置箇所
    夏の序章。ジュニアアスリート浜松最新号「夏の序章。」が、いよいよ5月31日(金)に配布開始となり…
  2. ジュニアアスリート配布情報
    ジュニアアスリート配布情報本日(6月28日)より、遠州信用金庫全支店でジュニアアスリートの配布が…
  3. 庄内中学校 吹奏楽部
    庄内中学校 吹奏楽部昨夏の静岡県吹奏楽コンクール西部大会で中学B編成の部において、銀賞を獲得した…
PAGE TOP