先輩の想いを胸に
 目指すは新人戦優勝。

浜松開誠館中学校 野球部

中高一貫校として、「高校野球への基盤を作ること」を第一としている浜松開誠館中学校野球部。

同部には三年生が“たった一人”しかいない。

その選手の名は鈴木元太くん。

先日行われた夏季大会でも、キャッチャーとして下級生中心のチームを強烈に引っ張り初戦を突破。
2回戦では、新人戦優勝の三ヶ日中学校と対戦。
この試合でも感動的なキャプテンシーを見せ、強豪相手に善戦するも、惜しくも敗戦。

野球に対する熱い想いとともに、彼の中学野球は“終わった”。

そのバトンは二年生へと引き継がれた。

彼らは『一年生大会』でブロック優勝を果たし、今年の新人戦でのシード権をすでに獲得済み。
上級生チームと幾度となく真剣勝負してきたその経験は他校の同級生を圧倒的に凌駕する。

この経験にくわえて、安定感のある投手力、抜群の守備力、そして一番の武器である打撃力で「新人戦での優勝」が、目下の新チームの目標。

新チームの主軸となるのは、守備の要であり主将の増谷くんと石野くん。二遊間を務めるこのふたりの守備には監督も全幅の信頼を寄せている。
さらに、エースの牧くんを中心とした投手陣は、左右タイプの異なる投手を4人擁し、相手に合わせた戦い方ができるのも強み。

これまでは、ただ先輩に付いていけばよかった。

しかしこれからは自分たちが後輩を引っ張っていく番。

一年間、たったひとりでチームを引っ張り続けた偉大な先輩の想いは、経験豊富な後輩たちが引き継ぐ。

浜松開誠館中学校 野球部

浜松開誠館中学校 野球部

一番プリント

ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 芳川北ワイルドキャッツ
    平成27年度パナホーム静岡カップ争奪ミニバスケットボール選手権西部支部大会平成27年11月1…
  2. アイウェアプロショップAZ
    ライフスタイルの変化に伴い、子どもの視力が低下していると言われる。スポーツをする上で視力はとても大事…
  3. 第27回国際親善中学野球
    第27回国際親善中学野球浜松選抜台湾遠征台湾遠征前に行われた『静岡県親善野球大会』で優勝を飾…
PAGE TOP