革命的野球塾

バッティング編[第1回]

自分の感覚にあったグリップを見つける

自分の身体とバットの接点となるグリップ。自分にあった握りでないと、スムーズにバットを振ることができません。ですから、基本的なグリップの握り方から見ていきます。

グリップには、指先を浅めにかけるタイプ(フィンガーグリップ)と、しっかりと手のひらで握るタイプ(パームグリップ)があります。

これはどちらが正解ということではなく、自分が一番握りやすいと思う形でOKです。ただ、あまり握りを深く巻き込みすぎると、構えが窮屈になり、バッティングの動作で捻りの力をうまく伝えることができなくなってしまいますので注意しましょう。

それぞれの特徴は、フィンガーグリップの場合、脇が自然と締まってスイングに柔軟性が出るので、バットコントロールがしやすく、逆にパームグリップはしっかりとバットを握るため、「捻り」の力とともに遠心力やバットの長さをうまく利用できます。

革命的野球塾

一番しっくりくる握り方を探し出す

グリップを必要以上に強く握りすぎると、肘や肩に余計な力が入ってしまいます。落ちているバットを拾うぐらいの、軽く持つイメージを心掛けてください。10本の指全部を使って、右手と左手の間は離さずに一体となるように持つのが基本形です。

バットを握る位置もあまり極端でなければ人それぞれで構いません。グリップエンドに小指を絡めるようにしてもいいし、逆にグリップエンドから拳までを少し離して握ってもOKです。

バットを腕の延長と考えて、自分が一番握りやすくて、しっくりくるポジションを見つけましょう。ただし、バットをかなり短く持たないとしっかり振れないと感じる場合は、軽めのバットを試してみよう。

革命的野球塾

中村好志
中村好志さん(なかむらこうじ)
メジャーリーグ「サンディエゴ・パドレス」のコンディションニングコーチを務めた後帰国し、「ケイスポーツ・アイコンス」を設立。社会人野球チームを運営する傍ら、小中学生への野球指導もしている。

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 編集長のひとりごと
    中学の新人戦地区大会、西部大会も終わり、競技によっては秋季大会が行われている。先日、野球の秋…
  2. 第49回ブルーウイング・ホンダカップ
    第49回ブルーウイング・ホンダカップ令和元年12月8日に開催された『第49回ブルーウイング・ホン…
  3. 第40回こくみん共済U-12サッカーリーグ
    こくみん共済U-12サッカーリーグ『全日本少年サッカー大会』の浜松地区予選を兼ねて行われる『こく…
PAGE TOP