中体連男子剣道

積志中学校が初の全国大会出場

中体連男子剣道は積志中学校が県初制覇

中体連男子剣道の県大会が終わり、東海大会、そして全国大会へ出場するチームが決まった。

浜松地区からは9校が出場し、天竜中学校と積志中学校、北浜中学校、浜松南部中学校、そして三ヶ日中学校の5校が決勝トーナメントへ進出。

積志中と三ヶ日中の2校が初戦を突破し、東海大会出場を決めた。

三ヶ日中は続く準々決勝を勝利するも、準決勝で“名門”磐田第一中学校に敗れ、3位で大会を終えた。

積志中は、準々決勝で勝利を収めると、続く準決勝で、羽賀杯、富士のさと剣道大会で決勝戦を戦った因縁の相手、東海大翔洋中学校と対戦。

ここで勝利を収め、勢いに乗ると、決勝戦では三ヶ日中を下した磐田第一中を代表戦の末に下し、大会初優勝を飾った。

東海大会は、8月9日から開幕。

積志中、三ヶ日中ともに2年連続での出場。

そして、優勝した積志中は、8月18日より長野県で行われる全国大会に初めて挑むこととなる。

2校の活躍を大いに期待したいと思う。

中体連男子剣道

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 赤佐四区ソフトボールクラブ
    赤佐四区ソフトボールクラブ『赤佐四区ソフトボールクラブ』の取材で赤佐小学校グランドへ。同…
  2. 空飛ぶ野球少年
    13時頃。再び救急隊からの電話が鳴った。「お子さんは聖隷三方原病院に搬送されることになり…
  3. アローズジム
    11月4日(土)にイオンモール浜松志都呂にて開催される『浜松中学部活動写真展2017 表彰式』に先駆…
PAGE TOP