中体連夏季大会野球の部

中体連夏季大会野球の部
 ベスト8が決まる

大本命の都田中学校が敗れる
波乱の大会に!

夏季大会野球の部はベスト8までが確定。

“大本命”第1シードの都田中は、2回戦で笠井中学校と対戦。
試合は0対0のまま、“ノーアウト満塁”から始まる特別ルールの延長戦へ突入。両投手が好投した試合は、得点が入らないまま10回へ。そして10回、笠井中が待望の得点を挙げると、その裏の都田中の攻撃を0に抑え、1対0で笠井中が大金星を挙げた。
躍進が期待された笠井中だが、3回戦で新居中に敗れベスト8進出はならなかった。

“優勝候補の一角”シード校の天竜中学校は、初戦となる2回戦で岡崎中学校に辛勝。
流れに乗るかと思われたが、3回戦で積志中学校に敗れ、大会を去った。

レワード旗で優勝を果たしシード校となった丸塚中学校は、2回戦で三方原中学校と対戦。
1回戦で9点を奪い波に乗る三方原中打線を抑えきれず、4対6と惜しくも敗戦。
三方原中は3回戦で浜名中学校に競り勝ち、ベスト8進出を決めた。

大注目の鈴木投手擁するシード校の舞阪中学校は、2回戦で“名門”浜北北部中学校を1点差で退けた北部中学校と対戦。
この試合で舞阪中エースの鈴木くんが圧巻のピッチング。
試合は舞阪中が5回コールド勝ちを収めたが、鈴木くんは5回を投げ、“なんと”13奪三振の快投を見せ、会場に訪れた人の度肝を抜いた。
3回戦では北浜中学校と対戦したが、特別ルールの延長戦の末、4対6で敗れ、県大会出場はならなかった。

その他のシード校では、第2シードの曳馬中学校が2試合連続の“完封勝利”でベスト8進出。
準々決勝でシード校の与進中学校と激突。

第3シードの三ヶ日中学校は2回戦、3回戦と苦しんだものの、中盤以降、自慢の打線が爆発しベスト8入り。
準々決勝では、ノーシードながら接戦をモノにしてきた三方原中と対戦。

好投手擁する、第4シードの高台中学校は、自慢の投手力を中心に粘り強い野球で連勝。
準々決勝で、天竜中に圧勝した積志中と対戦する。

もう一試合は、レワード旗ベスト4で、舞阪中との激闘を制した北浜中が新居中学校と対戦する。

今年もシード校が次々と敗れ、“波乱”の大会となっている夏季大会。

県大会の椅子は“7つ”。

本当の戦いが始まるのはこれからだ。

中体連夏季大会野球の部

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 広沢卓球少年団
    広沢卓球少年団平成3年に結成され、今年で24年目を迎える広沢卓球少年団。広沢小学校を中心…
  2. 積志中学校 柔道部女子
    積志中学校 柔道部女子県内でもトップクラスの実力者を擁し、新人戦の浜松地区大会で準優勝を果たした…
  3. ジュニアアスリート浜松最新号
    疾走の夏。ジュニアアスリート浜松最新号「疾走の夏。」が、いよいよ9月28日(金)に配布開始となり…
PAGE TOP