曳馬中学校 水泳部男子

目指すはリレーでの
 全国大会出場

曳馬中学校 水泳部男子

先日の合同記録会では男子総合優勝を飾り、夏季大会に向けて大きな弾みを付けた。

チームの中心となるのは4人のリレーメンバー。
常に好成績を収めるリレーが、チームの躍進の原動力となっている。

中でも、主将の高野くんは、昨年の夏季大会において、自由形で地区大会から県大会に至るまで、全ての大会で新記録を樹立。圧倒的な強さで全国大会出場を果たした。

全日本選手権でも県記録を更新、さらに春のジュニアオリンピックでは“全国2位”に輝くなど、その実力は折り紙付き。

全国トップレベルの高野くんを中心に、互いを刺激しあいながらトレーニングに励んできた。

力強い泳ぎができるよう、練習に陸上の体幹トレーニングを取り入れたほか、冬場には、校外施設を利用し、例年よりも多くの泳ぎ込みを行ってきた。

今後はコンディショニングを整えながら、泳ぎ込みの数を増やし、さらなるスピードアップを目指す。

まもなく始まる夏季大会。
昨年もリレーでの全国大会を目指したが、届かなかった。

だが現在、全国大会出場の指針となる全国標準記録までほんの数秒まで迫っている。

今年こそは標準記録を突破し、悲願の全国大会出場を目指す。

曳馬中学校 水泳部男子

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松地区中学校夏季総合体育大会
    浜松地区中学校夏季総合体育大会野球競技の部 組み合わせ中体連夏季大会野球の部、浜松地区大会の…
  2. スポーツ障害に負けない身体を手に入れよう。
    まず、私たちが体幹として考えているのは「肩甲骨から肋骨、お腹から骨盤」を含めた大きな範囲の体の胴体部…
  3. 第11回 聖隷クリストファーカップ
    第11回 聖隷クリストファーカップ平成28年11月26日と27日に行われた『浜松地区女子バレーボ…
PAGE TOP