浜松市立曳馬中学校

全国大会出場決定!
 目指すは“全国ベスト4”

曳馬中学校野球部

平成26年11月24日と30日に天竜球場をメイン会場に行われた「第6回全日本少年春季軟式野球静岡県大会」にて、浜松市立曳馬中学校が優勝し、見事全国大会への切符を手にした。

「全日本少年軟式野球大会」は、全国の予選を勝ち抜いた28チームに、静岡県の代表4チーム(開催地として優勝校以外に3枠あり)を合わせた32チームで覇権を争う。中学校だけではなく、クラブチームも参加するハイレベルな大会で、曳馬中学校は、静岡県予選で優勝し、“県チャンピオン”として同大会に出場する。

曳馬中学校野球部は創部 年目。強豪校として有名だが、全国大会への出場は今回が初めて。部員は1・2年生合わせて31名。野球未経験者が多いため、年間200試合以上をこなし、実戦経験を磨いてきた。今年のチームの特徴は“攻撃力”というが、県大会の1回戦は1対0、準決勝では2対0と、2試合連続の完封勝利で決勝へ進出。決勝戦では、中部地区の代表を4対2で破り優勝を決めた。

曳馬中学校野球部は、「秋季大会」でも地区優勝を果たし県大会出場。さらに「1年生大会」でも、圧倒的な攻撃力でブロック優勝。まさに今、“黄金期”と言っても過言ではない時代を謳歌している。

なお、「全日本少年春季軟式野球全国大会」は、平成27年3月20日から、ここ静岡県にて開催。チームとしての目標は“全国ベスト4”。曳馬中学校野球部の活躍を、大いに期待したい。

浜松市立曳馬中学校

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 運動能力覚醒講座
    『スポーツビジョン』と呼ばれる、スポーツの時に必要な眼の能力は、トレーニングすることで向上することが…
  2. カンタン酢でさんまのエスカベッシュ
    バランスの良い食事で残暑を乗り切ろう。猛暑日が続いたこの夏。なかなか食欲が出ず、偏った食事になっ…
  3. GEMS kids
    GEMS kids昨今、プロスポーツチームの試合でよく見掛けるようになったチアリーディング。一昔…
PAGE TOP