今泉 蓮

目指すは“ずばり”東京オリンピック

今泉 蓮 細江卓研

今泉蓮くん(気賀小学校)は、今年8月に行われた『中部日本卓球選手権大会』で優勝した“現・中日本チャンピオン”。13歳以下が出場できるカデットの部・県大会では、12歳ながらシングルスとダブルスで二冠を達成。現在は日の丸のユニフォームに袖を通し、2020年の東京オリンピックを目指す“東京オリンピック「ふじのくに」静岡県強化指定選手”。

卓球を始めたのは5歳の時。卓球経験者の両親が「地域の子供たちに卓球を教えたい」と、7年前に『細江卓研』を設立。両親や姉の影響もあり、自然と卓球を始めた。当時から才能の片鱗をみせ、『全日本選手権大会』(全国大会)へ5歳の時から7年連続で出場。4年前の大会のバンビの部では、全国準優勝に輝いた。これらの成果が認められ、昨年、全国から集められた精鋭で形成される『日本ナショナルチーム』に選出された。

今年の選考会では、日本の頂点を目指す24人と凌ぎを削り、21勝2敗という成績でトップ通過。12人しかいないナショナルチームに2年連続で選ばれ、さらにその中の6人だけが参加できる12月の台北遠征の選手にも選ばれた。

今後の目標を今泉蓮くんに聞いた。
「中学生になったら、いまだ経験したことのないシングルの“全国制覇”が当面の目標です。。そして毎日の努力を欠かさず、2020年の『東京オリンピック』に出場したい」

卓球を始めて7年。毎日欠かさずラケットを振ってきた。その地道な努力が、彼の才能の花を開かせたのは間違いない。どんな才能でも、努力無くして開花することはないのだ。

日の丸を背負う今、「東京オリンピック出場」はもはや現実的な目標。間違いなくもっと努力を重ねるだろう。そして、さらに大きな大輪を咲かせる日を心待ちにしたい。

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 第45回 レッドウイング・ホンダカップ
    第45回 レッドウイング・ホンダカップチャンピオンシップ平成28年12月11日にホンダ都田サ…
  2. 平成29年度パナホームカップ西部支部大会
    平成29年度パナホームカップ西部支部大会平成29年10月29日と11月5日の2日間にわたって「平…
  3. 誠道会 南部道場
    誠道会 南部道場浜松市武道館の完成と共に結成された剣道道場『誠道会南部道場』。創立から、今年で4…
PAGE TOP