松島彰吾

「一歩ずつ」が生んだ全国3位の快挙

松島彰吾 北浜中学校陸上部

中体連東海大会の1,500mにおいて3年連続優勝、昨夏の中体連の全国大会では、3,000mで3位という快挙を達成。先に行われた『全国都道府県対抗駅伝』においては、全国の強豪がひしめく中、区間3位の成績を挙げた。この世代において、全国トップクラスのアスリートと言えよう。

小学生の頃は、野球やサッカーなどさまざまな競技をプレーしていたが、陸上に専念するきっかけとなったのは、小学校6年生の時に出場した『市町村対抗駅伝』。この大会の選抜選手に選ばれたことを機に、陸上に専念することとなった。

北浜中学校はグランドがあまり広くないため、練習は隣接する「美薗中央公園」のグランドを使用。

毎日10キロ以上の走り込みを行った。

今春からは、陸上の名門・浜松日体高校へと進む。将来的には『箱根駅伝』や『東京五輪』を目標にしているのか訪ねると笑いながらこう答えた。
「そんなことは目標にしていません(笑)。高校での目標は中学の自分を上回ること。目の前のことを一歩ずつクリアしていきたいです」

夢を語ることは誰でもできる。その夢を実現するためには、いま、目の前にあることをやらなければ到達しない。そのことを知っている人は多いが、それを実践できる人はごく僅か。 ライバルは“昨日の自分”。積み重ねこそが、自分の未来を切り開く。

 

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. ブルテリア格闘技ジム
    ブルテリア格闘技ジム“ブラジリアン柔術”。聞き覚えのある人も多いだろうが、実際に経験した…
  2. 第1回 中部中学校・浜松開誠館中学校 野球定期戦
    第1回 中部中学校・浜松開誠館中学校 野球定期戦中体連県大会の決勝戦が行われた平成30年7月30…
  3. 富塚サッカースポーツ少年団
    富塚サッカースポーツ少年団『祝・県大会出場』。フェンスに掲げられた横断幕の向こう側で、たくさんの…
PAGE TOP