第33回全日本少年軟式野球大会 浜松ブロック大会

都田中学校が
 ブロック大会優勝

第33回全日本少年軟式野球大会 浜松ブロック大会

平成28年4月2日と3日にわたって、満開の桜が鮮やかに咲き誇る天竜球場をメイン会場に、『第33回全日本少年軟式野球大会』の浜松ブロック大会が行われた。

2月から始まった支部予選を勝ち上がったのは、浜名湖支部からは舞阪中学校と三ヶ日中学校、浜北支部からは浜名中学校、天竜支部からは佐久間・水窪中学校合同(支部優勝の光が丘中学校は主管支部推薦により県大会出場決定)、浜松支部からは与進中学校、都田中学校、西高中等部、高台中学校にくわえ、予選免除の曳馬中学校の9校。

上位2校のみに与えられる県大会への出場枠を懸けて、熱い戦いが繰り広げられた。

準決勝まで駒を進めたのは、都田中と、舞阪中、曳馬中、高台中の、好投手を抱える4校。

準決勝第一試合は都田中と舞阪中との対戦。両チームとも県内屈指の好投手。

“左”の都田中か、はたまた“右”の舞阪中か。

注目度の高いカードなだけに、多くの野球ファンが観戦に訪れた。

試合は、1回表に都田中があっさり先制。

そしてここから両エースによる“投手戦”が始まった。お互いにほとんど出塁を許さない“怪投”を見せ、0が積み重なる。

なんとか追いつきたい舞阪中は5回裏、遂に都田中のエースを捕らえる。

1アウトからスリーベースヒットが飛び出し、この試合初めての大きなチャンスを迎える。
このチャンスをどうしても活かしたい舞阪中はスクイズを選択。これが見事に決まり、1対1の同点に追いついた。

続く6回にはお互いがチャンスを迎えるが、県大会への気迫を見せる両チームの守備が得点を許さず、試合は1対1のまま、タイブレークの延長戦へと入った。

「県大会優勝」のためにはどうしても負けられない都田中は、8回表に1点を勝ち越すと、その裏の舞阪中の攻撃を無失点で切り抜け、見事県大会出場を決めた。

続く第二試合は曳馬中と高台中の対戦。

試合は高台中エースの“奪三振ショー”で始まった。

初回から5者連続三振を挙げ、球場の度肝を抜く。騒然とする観客を尻目に、試合巧者の曳馬中は坦々と試合を進める。

0対0で迎えた4回表、少しばかり球威が落ちた高台中のエースを曳馬中打線が捕らえ2点を先制。

その後も小刻みに得点を重ね、8対3で曳馬中が勝利。高台中はホームランで3点を返すのが精一杯だった。

決勝戦は都田中対曳馬中という、浜松を引っ張る実力チーム同士の対戦となった。

お互いに準決勝で登板した投手は使えないため、選手層が厚い曳馬中に分があると思われたが、試合は意外な展開となる。

初回から都田中打線が繋がる。

1回に先制点を挙げると、2回には打者一巡の猛攻を見せ、4対0と都田中が大きくリード。

曳馬中も意地を見せるが、その後も小刻みに得点を重ねた都田中が9対4で曳馬中を下し、ブロック優勝を果たした。

4月23日・24日に県大会が行われ、浜松地区からは都田中と曳馬中、光が丘中が出場。

3チームとも初戦を突破。都田中と曳馬中はその後も勝ち上がりベスト4へ。

ともに惜しくも準決勝で敗れたが、その強さを再確認できた。

いよいよ残る大会も僅かとなり、最後の夏に向けてラストスパートの時期となった。

このハイレベルな浜松地区を勝ち抜けるのはどこのチームか。興味は尽きない。

第33回全日本少年軟式野球大会 浜松ブロック大会

第33回全日本少年軟式野球大会 浜松ブロック大会

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 西部地区少年野球オールスター大会
    第20回 西部地区少年野球オールスター大会平成28年12月3日(土)と12月4日(日)の二日…
  2. 浜名中学校女子ソフトテニス部
    浜名中学校女子ソフトテニス部新人戦浜松地区大会で優勝を果たした浜名中学校。西部大会では、決勝…
  3. 浜松開誠館中学校女子バスケットボール部
    浜松開誠館中学校女子バスケットボール部新人戦浜松地区大会で準優勝、続く西部大会では優勝を飾った浜…
PAGE TOP