西部地区中学生春季サッカー大会

浜松南部中学校が
 劇的勝利で大会連覇

西部地区中学生春季サッカー大会

平成28年5月4日にエコパ人工芝グランドにて開催された『西部地区中学生春季サッカー大会』。蹴ったボールが戻ってくる程の強風吹き荒れる中行われた決勝戦(25分ハーフ)の模様をお届けする。

決勝戦は、ここまで安定した試合運びで勝ち上がってきた、第4シードの浜松東部中学校と、全試合を1点差(PK戦を含む)勝利と、勝負強さを見せつけて決勝戦へと進んできた、昨年の優勝チーム、第2シードの浜松南部中学校が激突。

まず風上に陣取ったのは東部中。
試合開始直後からロングボールを多用し、南部中ゴールへ迫る。前半1分、いきなり東部中がチャンス。コーナーキックからシュートを放つも惜しくも枠外へ。

その後も東部中が攻め続けると、前半6分、再びコーナーキックを獲得すると、綺麗な放物線を描いたキックがゴール前へ。待ち構える東部中の選手にピタッと合いゴール。東部中が1点を先制した。南部中はこれが今大会初失点。その後も東部中がロングボールを中心に攻め込むが、南部中は慌てることなく、最終ラインから丁寧にショートパスを繋ぎ、サイドから東部中ゴールへ迫る。一進一退の攻防が続き前半が終了。

後半に入り、風上に立ったのは南部中。
だが先にチャンスを迎えたのは東部中だった。後半1分、コーナーキックから再び絶妙なクロスがゴール前へ。しかしながら、ここは上手くミートすることができず、ゴールキーパーがキャッチ。

風上の南部中だが、ロングボールをあまり使わず、ショートパス中心のサッカーで東部中陣内でボールを回すと、主導権は徐々に南部中へ。後半7分、12分と立て続けにコーナーキックを獲得するも得点は奪えず。後半13分、南部中が相手DFに囲まれるも強引にドリブル突破。ゴールに迫るもキーパーに阻まれ得点ならず。試合は完全に南部中ペースとなった。

全員で攻める南部中に対し、全員で守る東部中。

試合終了まであと2分となった、後半23分、南部中が鋭い反転からシュートを放つが僅かにゴール左へ。
会場からは大きなため息。南部中が圧倒的に試合を支配するも、どうしてもゴールが遠い。

試合終了時間が刻々と迫る。

1対0東部中リードのままロスタイム。

主審が時計に目をやる。

ここで南部中がコーナーキックを獲得。

ゴール前に、ゴールキーパーも含め全選手が駆け上がる。

左から蹴られたボールが飛び込んだ選手の頭に合う。

ゴール。

南部中が試合終了目前のラストプレーで同点に追いついた。

試合は5分ハーフの延長戦へと突入。再び東部中が風上となったものの、試合は完全に南部中ペース。
足が止まりだした東部中DFの裏へ次々とスルーパスを送り込みチャンスを作る。

前半は無得点のまま後半へ。

後半に入ると南部中の圧力が一層増す。

中盤でボールを奪うと瞬時にサイドに展開。左サイドを突破すると素早くゴール前へクロス。
DFにマークされながらもいち早くボールに触った南部中がシュート。

これがゴール右隅に吸い込まれ劇的な逆転ゴール。

浜松南部中学校が見事大会連覇を果たした。

夏に向かって大きな弾みと自信になったことは言うまでもない。

西部地区中学生春季サッカー大会

西部地区中学生春季サッカー大会

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 中体連男子剣道
    中体連男子剣道は積志中学校が県初制覇中体連男子剣道の県大会が終わり、東海大会、そして全国大会へ出…
  2. 県大会出場校全てが決まる夏季大会野球の部は準決勝2試合と決勝、そして順位決定戦が行われ、県大会出…
  3. 第24回 静岡県小学生男子新人ソフトボール大会平成28年10月16日より開催された『第24回静岡…
PAGE TOP