革命的野球塾

バッティング編[第4回]

フォームの良し悪しはここで決まる。トップの位置にこだわりを。

バットをトップポジションに持っていくうえで特に注意すべきポイントがいくつかあります。

ひとつ目は、前側の肩が前に突っ込んだり、後ろ側の肩が下がったりしないこと。肩と肘のラインが地面とできるだけ平行であることがその後のスムーズなフォワードスイングにつながります。また、お尻が後ろに引けてしまうのも「捻り」の力が伝わらなくなってしまうのでNGです。

ふたつ目は脇と肘の使い方です。トップポジションでは後ろの脇を開けて肘を適度に張った状態にしておきます。これまで受けたバッティングの指導で「脇はずっと閉めるように」と教わった方も多いと思いますが、実はある程度脇を開けておくことによってヘッドスピードが速くなるのです。

最後にバットの角度です。寝かせ気味にするか、しっかりと立たせるかは人それぞれで、正解の角度というものはありません。強いてアドバイスするとすれば、自分にとって固定しやすい位置ということになるでしょうか。その先の動作で「捻り」のパワーを最大限発揮していくために、自分が一番スムーズにバットを振り下ろせると感じる角度がベストなのです。

トップの位置がブレてしまうと、フォーム全体が崩れてしまいます。ほんのわずかな狂いがあっても、スイングの軌道やスピードに大きな影響を及ぼします。打席での素振りに限らず日々の練習の時から、トップが理想とする定位置に収まっているかどうかをこまめにチェックするようにしましょう。

バッティング編[第4回]

バッティング編[第4回]

バッティング編[第4回]

中村好志
中村好志さん(なかむらこうじ)
メジャーリーグ「サンディエゴ・パドレス」のコンディションニングコーチを務めた後帰国し、「ケイスポーツ・アイコンス」を設立。社会人野球チームを運営する傍ら、小中学生への野球指導もしている。

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶ野球少年
    10月3日。この日は可美公園にて練習試合。仕事を片づけ慌てて向かったが、着いた頃には…
  2. サーラカップ2017決勝大会
    サーラカップ2017決勝大会平成29年12月3日に行われた『サーラカップ2017決勝大会』。…
  3. ラフレ初生
    北星中学校区・開成中学校区・三方原中学校区を中心とした初生エリアを対象とした「ジュニアアスリート初生…
PAGE TOP