HondaFC

U-12フットサル選手権西部大会は
 HondaFCが大会4連覇達成。

第12回静岡県U-12フットサル選手権大会西部大会

平成27年1月10日と11日の両日、浜北平口サッカー場にて行われた。新年を迎え、初めての公式戦となるこの大会は、6年生にとっては小学校“最期”の試合となる。全42チームが参加し、グループリーグを勝ち上がった20チームにより決勝トーナメントが行われ、上位6チームが2月に行われる県大会へと駒を進める。

ベスト4に残ったのは、マリオFCと、浜松和田JFC-A 、HondaFC(ホンダFC)、聖隷レッドの4チーム。
準決勝第1試合は、マリオFC対浜松和田JFC-A 。パスを主体に相手を翻弄する浜松和田に対し、マリオFCは鋭い速攻にくわえ、力強いミドルシュートで応戦する展開。両チーム得点を奪い合う試合となったが、ミドルシュートが決まったマリオFCが、5対3で浜松和田を下し、決勝進出を決めた。

準決勝第2試合は、ホンダFC対聖隷レッド。共に技術レベルが高く、細かいパスで攻め上がる両チーム。お互い譲らぬ拮抗した展開だったが、試合が進むにつれ、徐々にホンダFCが主導権を握る。試合は、個人技で上回ったホンダFCが、5対2で勝利し、決勝へと駒を進めた。

決勝戦は、夏の「サンストリート浜北カップ」で優勝したマリオFCと、大会4連覇が懸かるホンダFCという“大会屈指”の好カードとなった。夏の大会でも決勝戦で戦った両チーム。その時は2対0でマリオFCが勝利している。

14時20分、決勝戦キックオフ。

手の内を知り尽くした両者。序盤戦は、ともに守備の意識を高めたため、中盤でのボールの奪い合いが続く。そんな中、均衡を破ったのはホンダFC。左サイドからのキックインを振り向きざまにダイレクトボレーシュート。これが鮮やかにゴールネットを揺らし、ホンダFC が先制。これをきっかけに、試合は一気にホンダFCペースに。再びホンダFC にビックチャンス。カウンターから一気に抜け出しキーパーと“一対一”になり、キーパーを交わしてシュート。これは戻ってきた相手にブロックされるも、こぼれ球をホンダFCが拾い中央へ。これを後ろから走り込んできた選手が強烈なシュート。これがゴール右隅に決まり2対0。このまま前半が終了した。

後半に入ってもホンダFCが主導権を握る。素早いプレスと、コンパクトにバランスが取れた守備で、ことごとく高い位置でのボール奪取に成功。相手に付け入る隙を与えない。マリオFCは、中盤を省略し、前線のターゲットマンへロングボールを集め、中盤のプレスを交わしにかかるが、ホンダFCの戻りが早く、なかなかチャンスを作ることができない。試合終盤、マリオFCが怒濤の攻めを見せるも、あと一歩のところでゴールを阻まれ試合終了。2対0でホンダFCが夏の雪辱を果たすとともに、大会4連覇を達成した。

残る2つの県大会出場枠を争った順位決定戦では、驚異の粘りを見せた神久呂SSSが浜松蒲SSSをPK戦の末に破り、県大会出場。相生SSSも県大会出場を狙ったが、袋井のチームに破れ、残念ながら、県大会出場はならなかった。

浜松から県大会へ出場するのはホンダFC 、マリオFC、浜松和田JFA-A、聖隷レッド、神久呂SSSの5チーム。県大会での奮闘を大いに期待したい。

HondaFC

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松河輪AC
    浜松河輪AC浜松市、磐田市の小・中学生が活動している陸上クラブ『浜松河輪AC』。4×100m…
  2. 第64回 春季高校野球西部地区大会
    第64回 春季高校野球西部地区大会 組み合わせ『第64回 春季高校野球西部地区大会』の組み合…
  3. 入野中学校水泳部
    入野中学校水泳部新人戦浜松地区大会において男子総合優勝に輝いた入野中学校。リレーでは、フ…
PAGE TOP