佐鳴予備校

映像体験型授業 中学生 数学「立体」

視覚で理解する次世代の授業システム「See-be」

See-be(シー・ビー)は、授業用に特化されたツールです。実際に教鞭を執る教師の立場から、指導を強力に補助するマルチメディア素材を作成・収集して開発された、画期的な指導ツールといえます。

特に動画素材に関しては、NHKアーカイブスの膨大な資料映像を始め博物館、大学など各種の研究機関から協力を得ることができました。目の前のホワイトボードがマルチメディアの大スクリーンに変わり、見たこともない興味深い映像が画面いっぱいに広がります。

佐鳴予備校では、平成14年度開発のプロトタイプから全校舎・全教室に本システムを導入し、生徒の学力向上に目覚しい成果を上げています。

視覚で理解する次世代の授業システム

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団

ピックアップ記事

  1. 浜松市立曳馬中学校
    曳馬中学校野球部平成26年11月24日と30日に天竜球場をメイン会場に行われた「第6回全日本少年…
  2. 積志中学校 卓球部男子
    積志中学校 卓球部男子新人戦浜松地区大会での3位入賞を皮切りに、西部大会、県大会でも好成績を収め…
  3. しつもんメンタルトレーニング
    しつもんメンタルトレーニング取材日誌毎月、当webサイト内で執筆していただいている「しつもんメン…
PAGE TOP