西遠女子学園中学校 バレーボール部

二年ぶり3度目の全国大会へ挑む

西遠女子学園中学校 バレーボール部

新人戦では浜松地区大会での優勝を皮切りに、西部大会、県大会を制した西遠女子学園中学校。ここ数年の強さは群を抜く。

「笑顔で全力プレー」を掲げる同チームの特徴は、何と言ってもその粘り強い守備。凡ミスが少なく、ラリー戦にはめっぽう強い。第1セットを落としても、残りの2セットを確実に取ることができる強い精神力は、確かな技術の裏付けがあるからこそ。

二年連続での優勝を目指した東海大会では惜しくも準決勝で敗れ、3位という結果に終わった。東海大会で勝てなければ全国大会への道は途絶えてしまう。敗戦後の春休みには、普段は行わない一日練習を実施。敗戦を味わったことで、選手たちの意識にも変化が出始めた。

昨年に比べ高さが増したこともあり、攻撃力は昨年を凌ぐ。今後はその攻撃力を活かすために、アタッカー陣に良いボールを繋ぐことに重点を置き、レシーブに力を入れていく。

チームの中心となるのは、主将でエースアタッカーでもある鈴木みことさん。1年生の夏季大会からレギュラーとして活躍し、現チームで唯一、全国大会の舞台を知る選手だ。

鈴木さんはこう話す。

「東海大会で自分たちの力はまだまだだと痛感しました。特にレシーブのミスが多かったので、しっかりと繋げる力を身に付け、昨年果たせなかった全国大会出場を達成したい」

二年ぶりの全国大会を目指す“絶対王者”の挑戦が始まる。

西遠女子学園中学校 バレーボール部

動画制作受付中!

ジュニアアスリートプラス
整骨・接骨院
スポーツジム
感動ストーリー
スポーツ少年団
飲食店

ピックアップ記事

  1. 第11回 聖隷クリストファーカップ
    第11回 聖隷クリストファーカップ平成28年11月26日と27日に行われた『浜松地区女子バレーボ…
  2. 庄内中学校女子ソフトテニス部新人戦の団体戦では惜しくも県大会出場を逃したものの、個人戦でエー…
  3. 編集長のひとりごと
    夏の甲子園が終わった。“スター軍団”と呼ばれる大阪桐蔭高校が、前評判通りの力を見せつけ優勝。…
PAGE TOP