第46回静岡県中学選抜野球大会

“たった”13人の都田中学校が
 県大会準優勝に輝く

第46回静岡県中学選抜野球大会

平成28年2月20日から『第46回静岡県中学選抜野球大会』が、浜岡野球場をメイン会場に開催された。

浜松地区からは、予選を勝ち抜いた天竜中学校と都田中学校、富塚中学校、湖西中学校の4校にくわえ、新人戦地区大会優勝の三ヶ日中学校の5校が県大会に出場。

浜松地区からベスト8に進出したのは、天竜中学校と都田中学校、三ヶ日中学校の3校。西部地区というくくりで見ると、なんと6校がベスト8に進んだ。

そんな中で快進撃を見せたのは、部員数“たった”13人の都田中学校。

新人戦浜松地区大会では3回戦まで進んだものの、湖西中学校に1対11のコールド負けを喫した。

「チームの大黒柱である、エースで4番でキャプテンの後藤が精神的に大きく成長しチームが変わった」
と阿形監督が言うように、その後チームは大きく変貌。快進撃が始まった。

新人戦西部大会ではベスト4に進出。優勝した御前崎中学校を“あと一歩”の所まで追い込んだ。

そして迎えた『静岡県中学選抜野球大会』の浜松地区予選。

二回戦から登場した都田中は、エースの後藤くんが躍動。
北浜東部中学校に完封勝ちを収めると、続く佐鳴台中学校に対しても完封で勝利。準々決勝では好投手擁する高台中学校と対戦。お互い無得点のまま延長戦へ入るが、都田中が2対0で高台中を退け県大会出場決定。準決勝でも湖西中学校を完封した後藤くんは、得点を奪われることがないまま県大会へ挑むことになった。

迎えた県大会。

初戦の相手は“中部地区の強豪”服織中学校。この強豪に対し、またもや後藤くんが圧巻のピッチングを見せる。
安定した下半身から投げこまれる“クロスファイヤー”を武器に服織中打線を押さえ込み、許したヒットはわずかに“1”。4対0で初戦を突破した。

二回戦の蒲原中学校戦でも完封勝利(4対0)を挙げベスト8進出。

準々決勝では、同じ浜松地区の三ヶ日中学校と対戦。ここまで打線が爆発し勝ち上がってきた三ヶ日中に対し、都田中は投手力を武器に無失点。“矛”と“盾”の対決となった。
この対決で優ったのは“楯”。エースの後藤くんが強打三ヶ日中打線を翻弄。あわや“ノーヒットノーラン”かという“怪投”を見せ、またまた完封。ベスト4へと進んだ。

翌日に行われた準決勝では、疲れからか、今大会“初”となる失点を喫するも、チームは3対1で勝利し決勝へ進出。

決勝戦の相手は掛川東中学校。
両チームの投手が好投し、試合は両者無得点のまま延長戦へ。
特別ルールの延長戦では、掛川東中が2点を挙げたのに対し、都田中は得点を奪うことができず、0対2で惜敗。準優勝に終わったが、投手力を支える安定した守備、さらには「ここぞ」という時に高い集中力を発揮する打撃など、総合力でも県内トップクラスのチームだった。

“たった”13人の都田中学校の躍進は今大会最大の驚きであり、エースの後藤くんは一躍“注目の的”となったが、彼らの戦いはまだ始まったばかり。夏にはさらなる“サプライズ”を届けてくれることを大いに期待したい。

第46回静岡県中学選抜野球大会

第46回静岡県中学選抜野球大会

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 令和2年度中体連夏季大会 男子ソフトテニスの部
    令和2年度中体連夏季大会男子ソフトテニスの部男子ソフトテニスの部で、予選リーグを突破し、決勝…
  2. 第2回静岡県協会長杯争奪ミニバスケットボール大会
    第2回静岡県協会長杯争奪ミニバスケットボール大会平成30年6月10日と17日の2日間にわたっ…
  3. くまの運動教室
    くまの運動教室バレーボールクラスバレーボールの技術向上を目指す選手たちをサポートしている『くまの…
PAGE TOP