スポーツ障害に負けない身体を手に入れよう。

オスグッドと姿勢の意外な関係!!

以前、シリーズの1回目でも紹介しましたが、「オスグッド病」は、腿(もも)前の筋肉を酷使することで、膝(ひざ)のお皿の下の骨が出ている部分が痛くなります。この場所は、腿前の筋肉の大きな力が集中して負担を掛ける部分です。

実はこのオスグッド病、普段の悪い姿勢も症状の大きな原因のひとつになっているのです。

今回ご紹介する“悪い姿勢”とは、「骨盤の後傾」という状態です。写真のように骨盤が後傾していると、上半身が丸くなり、猫背のような姿勢になります。この姿勢が、腿前の筋肉を過度に緊張させ、膝への負担を大きくしてしまいます。

arch

鈴木亮瑛
鈴木亮瑛さん(すずきりょうえい)
大勢のジュニアアスリートが訪れる「アーチ鍼灸整骨院」の院長。各競技に合わせ、スポーツ選手の怪我からの復帰をサポートしている。

ARCH

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 中体連男子バレーボール県大会
    東海大会出場校を浜松地区が独占中体連男子バレーボールの県大会が終わった。…
  2. 中体連野球の部 県大会組み合わせ
    中体連野球の部県大会組み合わせ中体連夏季大会野球の部の県大会の組み合わせが決まった。…
  3. 「みるみる上達! ジュニアスポーツと姿勢」
    静岡県理学療法士会が6月24日(日)にアクトシティ浜松コングレスセンターで「第22回静岡県理学療法士…
PAGE TOP