第45回選抜少年野球三ヶ日大会

細江野球少年団が準優勝に輝く。

第45回 選抜少年野球三ヶ日大会

令和3年4月4日に開幕した『第45回選抜少年野球三ヶ日大会』。例年は静岡県中部地区、愛知県などからもチームを招いていたが、今年はコロナ禍の影響もあり、静岡県西部地区の32チームが参加。三日間に渡って熱戦が繰り広げられた。

浜松地区から準決勝に残ったのは、三ヶ日フレンズ野球スポーツ少年団と細江野球スポーツ少年団という浜名湖支部の2チーム。ともに新チームになってから県大会出場を決めている、同支部のライバル対決となった。 フレンズと細江の準決勝。最初に試合の主導権を握ったのは細江。長短打を集め先制点を奪取することに成功。このまま細江のワンサイドゲームになるかと思われたが、中盤に入りフレンズが逆襲。こちらもヒットを重ね逆転に成功。一転してフレンズが試合の主導権を握る。終盤に入ると試合の流れは再び細江へ。自慢の打線が爆発し逆転。フレンズも最後まで必死に食い下がるが、試合は11対8で細江が乱打戦をモノにし、決勝進出を決めた。

決勝の相手は小笠東イーグルススポーツ少年団。試合は小笠東の攻撃で「プレーボール」。ワンアウトから死球で出したランナーを2塁に送られると、守備が乱れる間に1点を先制される。2回に入っても細江は本来とは程遠いプレー。二つのエラーでランナーを溜めると、長短打を織り交ぜられこの回4失点。2回が終わって0対5と小笠東に主導権に握られる展開。なんとか点を返したい細江だが、相手エースの前に打線が沈黙。3回の小笠東は二つのフォアボールを足掛かりに5点を追加し、0対10と細江は大きく引き離される。それでも試合を諦めない細江はその裏、ワンアウトから死球で出塁したランナーを2塁に進めると、内野安打とヒットで1点を返すことに成功。終盤となる6回裏には、代わった投手から二本の二塁打とホームランで3点を奪取するも、4対11で小笠東に敗れ、惜しくも準優勝に終わった。

優勝はできなかったが、準決勝で見せた打ち合いでの力強さ、決勝で見せた最後まで諦めない姿勢。今後も目を離せないチームであることは間違いない。

第45回選抜少年野球三ヶ日大会

第45回選抜少年野球三ヶ日大会

とんきい

ホーミーホーム

金子商店

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 第64回 春季高校野球西部地区大会
    第64回 春季高校野球西部地区大会 組み合わせ『第64回 春季高校野球西部地区大会』の組み合…
  2. 浜松インフィニティベースボールクラブ
    浜松インフィニティベースボールクラブ平成25年に結成された『浜松インフィニティベースボールク…
  3. アイウェアプロショップAZ
    ライフスタイルの変化に伴い、子どもの視力が低下していると言われる。スポーツをする上で視力はとても大事…
PAGE TOP