中日ドラゴンズJr.が7年ぶり二度目の日本一

[NPB12球団ジュニアトーナメント2015]

平成27年12月27日から29日までの三日間にわたって、サンマリンスタジアム宮崎をメイン会場に行われた『NPB12球団ジュニアトーナメント』にて、中日ドラゴンズJr.が7年ぶり二度目の日本一に輝いた。

この大会は、プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)とプロ12球団が共催する学童軟式野球大会で、各球団が小学5・6年生の少年少女18名を選抜しJr.チームを結成。球団OBが監督となって日本一を争う大会。

静岡県からは4名が選抜された。“背番号1”を背負う座馬礼央くん(赤佐ヤングス)は、予選の2試合と準決勝に先発。予選リーグの2試合では相手チームを無失点に抑え、チームの勝利に大きく貢献。6年ぶりの予選突破を果たした。座馬くんは決勝進出を懸けた準決勝の楽天Jr.戦でも5回1/3を投げ、被安打3、奪三振6という快投を見せ、チームのエースとして決勝進出の原動力となった。

決勝のマウンドを託されたのは高須大雅くん(磐田スモールキング)。決勝戦の相手は、今大会最多の23得点で2失点、2試合連続コールド勝ちの“優勝候補”ソフトバンクJr.。最強打線に対し、大会初登板となった高須くんが、緩急を上手く使った“頭脳的”なピッチングで強力打線を翻弄。6回を無失点に抑える。すると中日Jr.打線が、ホークスJr.の129km右腕を攻略。4点を挙げ、4対0で中日ドラゴンズJr.が勝利。7年ぶり二度目の優勝を飾った。

那須田駿くん(浜松ホークス)は高い守備力を買われ、終盤の守備固めとして出場。

渡邊竣くん(細江野球SS)は抜群のバッティングセンスから、代打の切り札としてチームの勝利に貢献。選ばれた4人全てが出場することができた。

東海圏から選ばれるのはわずか18名。全国20万人以上の学童球児から、216名しかこの大会に参加することはできない。その中に選ばれるだけでも大きな大きな財産。しかも“日本一”という成功体験まで掴むことができた。生涯忘れられない経験になったのではないだろうか。

彼らはこの春から中学生。本当の勝負、そして本当の楽しみはこれからだ。

中日ドラゴンズJr

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 令和元年度中体連夏季大会
    令和元年度中体連夏季大会野球の部令和元年の『中学校夏季総合体育大会』。6月22日に幕を開けた…
  2. 瑞穂小学校金管バンド部『ライブリーズ』
    瑞穂小学校金管バンド部ライブリーズ瑞穂小学校金管バンド部『ライブリーズ』は、学校や保護者、地…
  3. 引佐南部中学校野球部
    引佐南部中学校野球部新人戦浜松地区大会にて、大きな注目を集めた引佐南部中学校野球部。…
PAGE TOP