編集長のひとりごと

自ら考え、行動する力。

今回号は『2020中体連総括』と題し、中学3年生にとって“中学最後の夏”となる夏季大会の模様を特集した。例年であれば、県大会、東海大会、そして全国大会での結果も総括するのだが、今回は多くの競技で浜松地区大会のみの開催。ほとんどの競技で決勝戦は行われず、複数校が優勝するカタチで最後の夏が終わった。

さまざまな見方があるだろうが、結果として大会が行われて良かったと思っている。もちろん、無観客で行われた競技も多く、子供の最後のプレーを観たかった親御さんからすれば残念な大会になったと思うが、大事なことは、今回の大会で「何を感じ、何を得たか」ではないだろうか。

取材時、多くの子供たちがこんな言葉を発した。「これまで試合があるのは当たり前だと思っていたが、今回の件で、試合があることは当たり前ではなく、有り難いことなんだと気付いた」と。日々の生活の中で、ほとんどのことが当たり前になっており、「当たり前ではない」と気付く機会はほとんどない。寝る場所がある当たり前、ご飯を食べられる当たり前、親がいる当たり前、学校がある当たり前、部活がある当たり前、そして大会がある当たり前。今大会の大きな収穫は、「当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではなかった」と気付くことができたことではないだろうか。子供たちが生きていく未来は、我々の頃とは違い、険しい道程となる。

そもそも、日本の高度成長は人口増によって支えられてきた。自身も大学時代にバブル期を経験し、それが崩壊後に社会に出た。当時は「タイミングが悪い」と言われたものだが、実際に社会に出てみると、それを感じたことはほとんどなかった。当時の親たちの口癖は、「勉強して、いい高校に行って、いい大学に行きなさい。そうすればいい会社に入れるから」。ここで言ういい会社とは、すなわち大企業。大企業に就職することこそが幸せになることだと皆が信じた。

しかし今はどうだろう。安定の象徴であった日本の大企業は次々と海外の企業に買収され、提携という名の吸収合併を強いられている。果たして大企業で働くことが幸せの象徴だと言い切れるだろうか。

5年ほど前から、日本の人口はマイナスに転じ、その流れは加速する一方。地方都市はもちろんのこと、5年後には東京都ですら人口が減り始める。10年後には全国の住宅の1/3が空き家になると言われ、30年後には日本の人口が1億人を切る反面、世界人口は100億人に迫る所まで増加する。要するに、人口の増加により国力が増し、世界のトップクラスに君臨した日本は、子供たちの時代になった時、もはやそこの場所にはいない。世界での競争力は失われているのだ。

だからこそ、子供たちには“生きる力”が求められる。生きる力とはすなわち「自ら考え、行動する力」。今回、彼らは「当たり前のことが当たり前ではない」ことに気付いた。それは我々大人ですら気付いていなかったこと。それをど真ん中で気付いた彼らはこの先の人生において、他の世代に比べて大きな説得力を持つことになる。今回の出来事は決してマイナスではない。大事なことに気付いた彼らしか持ち得ない大きな財産となる。これからの日本を背負う世代となってくれることを切に願う。

ジュニアアスリート浜松

Youtube

つなぐ

浜松リッターズ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 開誠館中学校サッカー部
    開誠館中学校 サッカー部創部から15年。全国制覇をはじめ、数々のタイトルを獲得し、名門として知ら…
  2. 浜松ブラッツ少年野球団
    浜松ブラッツ少年野球団浜松市北区初生町にある静岡文化芸術大学初生グラウンドを拠点に活動する『浜松…
  3. 浜松開誠館中学校野球部
    浜松開誠館中学校野球部3月21日より行われる『文部科学大臣杯第10回記念全日本少年春季軟式野…
PAGE TOP