篠原中学校 男子バスケットボール部

最後まで走り抜き、今年こそ4強入りへ。

篠原中学校 男子バスケットボール部

昨夏は地区大会で8位とあと一歩のところで県大会出場を逃した篠原中学校。大会後、昨年から主力だった選手を中心に新チームが始動。現在は、2年生7名、1年生5名の12名で活動している。

今年のチームの特徴は、サイズとパワーのあるセンター、高さと技術を備えたフォワード、スピードに優れたガードと、各ポジションに核となる選手を擁し、攻守に渡りバランスが良いこと。練習では、基礎技術の習得に重きを置き、ドリブルやパスなどボールコントロールの上達に多くの時間を費やす。ミニバス経験者も多く、技術の習得は順調に進んでいる。これからは、個々のスキルアップに加え、チーム戦術の精度を上げ、勝てるチームへの進化を図る。

新人戦では、浜松地区大会、西部大会ともにベスト16で敗れたものの、その差は僅か。あと一歩のところで勝ち切れない試合が続いた。中でも、西部新人では自分たちのペースで試合を進め、13点をリードするも、終盤に失速し、逆転負け。課題も明確になった。これについてキャプテンの木下結斗くんは、「ディフェンスからの速攻に関しては、ミニバスからの積み重ねもあり、機能していたと思います。ただ、コンビネーションがまだまだで、イージーミスも多かった。何より、スタミナが圧倒的に足りていない。最後まで走りきれる体力をつけて次の大会に挑んでいきたいです」と話す。

目標は、夏に地区大会でベスト4に入ること。そして、県ではベスト8へ。目の前の課題を克服し、ひとつずつ上を目指していく。

篠原中学校 男子バスケットボール部

篠原中学校 男子バスケットボール部

桜花不動産

e-GYM

ネモヘアーワークス

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 湖東中学校が全国大会出場
    東海大会を勝ち抜いた湖東中学校が全国大会へ8月6日から行われた中体連女子ソフトテニスの東海大会。…
  2. 広沢卓球少年団
    広沢卓球少年団平成3年に結成され、今年で24年目を迎える広沢卓球少年団。広沢小学校を中心…
  3. 遠州ヤングガールズ
    遠州ヤングガールズ今年の9月に開催された女子野球の世界大会「IBAF女子ワールドカップ」にて“マ…
PAGE TOP