浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会

新居グリーンがPK戦を制し優勝。

浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会

浜松地区の64チームが出場した『浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会』。新居サッカースポーツ少年団からは、新居グリーンと新居イエローの2チームが出場した。

一次リーグでは、64チームを4チームずつ16のブロックに分け、上位2チームが二次リーグへと駒を進める。新居イエローは一次リーグで敗退となってしまったものの、新居グリーンは一次リーグを2勝1分で突破。二次リーグへと進出した。

二次リーグでは、32チームを4チームずつの8ブロックに分け、1位のチームのみが決勝トーナメントへと進出できる。新居グリーンの初戦の相手はサントスFC。この一戦を4対3で勝利。前評判を覆す大金星を挙げると、続く竜地FC10(2対0)、笠井FC(2対0)にも勝利。波に乗った新居グリーンが3戦全勝で決勝トーナメントへの進出を果たした。

決勝トーナメントに進出した新居グリーンは勝負強さを発揮。初戦の静大附属FC、準決勝のホンダFCと2戦連続でPK戦を制し、決勝進出を果たした。決勝戦の相手は、一次リーグで引き分けた和田JFC。互いに1点ずつを奪い合い、この日3度目となるPK戦へ。ここでも新居グリーンがPK戦を制し、勝利。3連続PK勝利という勝負強さを見せた新居グリーンが、同年代の中での初の王座を掴んだ。

大会を終え、伊藤コーチは、「結果として優勝できたことは喜ばしいことです。ただ、決勝トーナメントでは1試合も勝てていない。PKは時の運。今回は運も味方してくれたのかなと思います」と話した。
チームで心掛けるのは、全員で戦うこと。個々の勝負では勝てない場面も多いため、全員でカバーしながら戦うこと、誰もが主役になれることをコンセプトに据える。

まだまだサッカーを始めて間もない選手たちばかり。上手くいくことばかりではないだろう。それでも、仲間たちとたくさんの思い出を共有していってほしい。彼らがこれからどんな経験をし、どんな成長を見せてくれるのか、楽しみでならない。

浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会

浜松東法人会杯争奪浜松キッズU-9サッカー大会
浜名湖ファーム

聖隷クリストファー中・高等学校

ユーモア

浜松リッターズ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 平成30年度中体連夏季大会女子バレーボールの部
    平成30年度 中体連夏季大会女子バレーボールの部女子の部では、順当にシード校が勝ち上がり、西…
  2. 曳馬中学校 野球部
    曳馬中学校 野球部新人戦浜松地区大会、西部大会と立て続けに準優勝を果たすと、続く県大会ではベスト…
  3. 編集長のひとりごと
    ゴールデンウィークも終わり、ほとんどの部活動で本入部となった。今年から「部活動の自由化」に踏み切った…
PAGE TOP