サーラカップ2019決勝大会

サントスとカワイが決勝大会に出場。

サーラカップ2019
決勝大会

令和元年12月8日に開催された『サーラカップ2019決勝大会』。この大会は、U10(4年生以下)の選手たちで編成されたチームが出場。会場はジュビロ磐田のホームグラウンドとなる『ヤマハスタジアム』。憧れのトッププレイヤーたちの主戦場で県内外の強豪チームと真剣勝負ができるとあって、選手たちのモチベーションは非常に高い。16回目を迎えた今年も白熱した戦いが繰り広げられ、浜松地区からは、サントスFCとカワイ体育教室SCの2チームが出場した。

サントスの初戦の相手は、DREAM愛知(西三河)。サントスは前半2分、右サイドを崩してシュートを放つ。これはゴール左に外れたものの、序盤から果敢に相手ゴールへと迫り、ペースを掴む。すると5分、押し込んでいたサントスがミドルレンジから意表を突くループシュート。大きな弧を描いたボールがキーパーの頭上を越えゴール。サントスが先制に成功した。その後も、攻撃の手を緩めないサントスは、スピードのあるフォワードを活かし、相手の背後を突いて攻撃を組み立てる。8分には、左サイドからのコーナーキックを頭で合わせて追加点を挙げると、13分に左サイドを抜け出した選手がキーパーとの一対一を落ち着いて決め3対0。3点をリードして前半を終えた。後半に入ってもサントスは攻め続け、終了間際にも1点を追加。4対0と快勝を収めた。

2回戦は、ASラランジャ豊川U12(東三河)。常に東三河の上位に君臨する強豪を相手に、思うように攻められないサントス。上手くいかないことで消極的なプレーが目立つ中、相手に先制を許し、0対1と1点を追う形で後半へ。後半は果敢に相手ゴールに向かうも、焦りからミスも目立ち、最後までゴールを割ることができないままタイムアップ。1点が遠く、2回戦で涙を呑んだ。

カワイの初戦は、付知FC(岐阜)。試合は、お互いに決定的な場面を作れず、中盤で潰し合う展開。お互いに攻めあぐねる中、後半11分にカワイは、相手ディフェンスを振り切ることに成功。千載一遇のチャンスを作ったが、シュートはキーパーの好セーブに阻まれ、得点ならず。このまま試合はPK戦に突入。このPK戦を制したカワイが2回戦へと駒を進めた。

2回戦の相手は、地区予選で名古屋グランパスを退けた西三河1位のFCアロンザ。初戦では、キューズFCエスパルスジュニアを下した強豪だ。序盤からアロンザが優勢に試合を運ぶ。対するカワイは、守備的に入り、相手の攻撃に耐える時間が続く。何度もチャンスを作られるも、体を張った粘り強い守備で、ゴールを死守。守備の時間帯が長かったカワイだが、後半12分には、コーナーキックからヘディングシュート。ゴールかと思われたが、惜しくもポストを直撃。両者譲らぬまま、試合はまたしてもPK戦に。初戦でPK勝ちを収めたカワイだったが、ここではあと一歩届かず。準決勝進出とはならなかった。

この大会に参加した選手たちは、当然のことながら、これからのサッカー人生の方が長い。この大会では、勝ち上がれたチームも、負けて悔しい想いをしたチームも、まだまだ先がある。大事なのはこの日の結果ではない。この先の過ごし方。楽しんでプレーすればきっと、もっと上手くなる。

サーラカップ2019決勝大会

サーラカップ2019決勝大会

サーラカップ2019決勝大会

聖隷クリストファー中・高等学校

トライプラス浜松初生校

ユーモア

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 広沢卓球少年団
    広沢卓球少年団平成3年に結成され、今年で24年目を迎える広沢卓球少年団。広沢小学校を中心…
  2. ジュニアアスリート浜松最新号
    新芽躍動。ジュニアアスリート浜松最新号「新芽躍動。」が、いよいよ10月23日(金)に配布開始とな…
  3. 庄内中学校女子ソフトテニス部新人戦の団体戦では惜しくも県大会出場を逃したものの、個人戦でエー…
PAGE TOP