第49回ブルーウイング・ホンダカップ

Honda FCが組織力を活かして優勝。

第49回ブルーウイング・ホンダカップ

令和元年12月8日に開催された『第49回ブルーウイング・ホンダカップ』。これはU11世代の大会で、ホンダ都田サッカー場にて準決勝二試合と、決勝戦、3位決定戦が行われた。

決勝に進んだのは、HondaFCとカワイ体育教室SC。試合はカワイのキックオフで試合開始。開始早々、チャンスを掴んだのはカワイ。前半4分、左サイドから仕掛けコーナーキックを獲得すると、ゴール前へ鋭いクロス。これはホンダがクリア。マイボールとなったホンダは最終ラインでのボール回しから大きくサイドチェンジ。左サイドで受けた選手が中へ切れ込みそのままシュート。これが鮮やかにゴール左隅に突き刺さり、ホンダが1点を先制。早く追いつきたいカワイは個人技でホンダゴールに迫るも、ファールを取られシュートに持ち込めない。一方、リードしているホンダは攻め急ぐことなくボールを回しながら相手の隙を狙う。前半7分、サイド攻撃からコーナーキックを獲得するとクロスに合わせてシュートするも、惜しくもゴールから逸れて追加点ならず。その後もホンダが試合の主導権を握り、前半9分、中央からの波状攻撃でペナルティエリアに侵入。カワイも必死に体を張って守るが、ここで無情の「ファール」。ホンダがPKを獲得すると、これを冷静にゴール左サイドに決め追加点。前半終了間際に、カワイが右サイドからホンダゴールに迫るも、ホンダ守備陣の奮闘の前に得点ならず。2対0でホンダがリードし後半へ進んだ。後半に入るとホンダの構成力が際立ち始め、サイドを効果的に使いながらカワイゴールへと幾度も迫る。カワイは個人技で何度かチャンスを作るもホンダゴールをこじ開けることができず、結局2対0でホンダが勝利。レッドウィングと合わせて二冠を達成した。

なお、3位決定戦はPK戦の末、オイスカFCが浜松東SSSを下した。

第49回ブルーウイング・ホンダカップ

第49回ブルーウイング・ホンダカップ

設置箇所

アスラスポーツ接骨院

藤井接骨院

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. アクティベイトジム
    最近では、スポーツだけでなく、健康・ダイエットの分野でも体幹の強さが大切だといわれています。普段から…
  2. 浜松グリーンスイミングクラブ
    浜松グリーンスイミングクラブ高台プール浜松市で最も名の知れたスイミングクラブと言っても過言で…
  3. くまの運動教室
    レッスン2 ゴールを決める何かを成そうとする時、その状況が考えられない(イメージできない)と、実…
PAGE TOP