第23回西部地区少年野球オールスター大会

浜松支部が3年連続8度目の優勝。

第23回西部地区
少年野球オールスター大会

令和元年11月24日と11月30日に渡って、和地山公園野球場で行われた『第23回西部地区少年野球オールスター大会』。この大会は、浜名湖支部から御前崎支部までの静岡県西部地区11支部が選手を選抜し、オールスターチームを結成。一日目は4ブロックに分かれてのリーグ戦を行い、二日目は各ブロック1位のチームがトーナメントを行い、“支部ナンバーワン”を決める。今回主管となる浜松支部からは2チームが出場した。
浜松地区から決勝トーナメントに進出したのは、投打に安定した力を発揮し、予選リーグで連勝を挙げた浜北支部と、予選リーグ一勝一敗ながら得失点差で勝ち上がった浜松支部Bの2チーム。準決勝以降は9イニング制となり、登録選手全員の出場が義務となる。

準決勝で掛川支部と対戦した浜北支部は、相手投手陣の前に打線が沈黙。0対3で敗れ決勝進出はならなかった。一方の浜松支部Bは袋井支部と対戦。この試合では打線が奮起し大量9得点。守っては投手陣が安定した力を発揮し無失点。9対0で袋井を下し決勝進出を決めた。

決勝戦は昨年同様、浜松支部Bと掛川支部の対戦となった。
試合は掛川の攻撃で「プレーボール」。ワンアウトからヒットで出塁を許すが、見事な牽制で刺すと、続く打者をピッチャーゴロに抑え、初回を無失点で抑えた。浜松はワンアウトから出塁したランナーが盗塁を決めチャンスを作るが、ショートライナーにランナーが飛び出し、これがダブルプレーとなりチャンスを潰す。3回もお互い無得点。

そして4回、試合が動き出す。
ノーアウトからヒットのランナーが盗塁を決めた掛川は、ヒットや浜松のミスに乗じ3点を先制。3点を追う浜松はその裏、ワンアウトから3つの四球で満塁のチャンスを作る。バッテリーエラーで1点を返すと、2つのタイムリーヒットで逆転に成功。4対3として5回へ。5回表の掛川は2者連続三振を喫するも、ヒットと四球でツーアウトランナー2塁、3塁。ここで三塁線を破るタイムリーヒットが飛び出し4対4の同点となる。その裏の浜松は先頭打者がサード強襲ヒットで出塁するとすかさず盗塁。さらに送りバントでワンアウト3塁と勝ち越しのチャンス。その後ツーアウトとなるも、三遊間への内野安打で1点勝ち越し。続く6回は相手の攻撃を無失点に抑えるとその裏、先頭打者がレフトオーバーの二塁打で出塁。送りバントで3塁に進めると、続く打者がライトオーバーの二塁打を放ち1点追加。続く打者もヒットを放つと、2塁ランナーがホームを陥れさらに1点を追加。7対4と浜松が3点をリードし試合は終盤へ。7回はお互い三者凡退、8回はそれぞれランナーを出すも得点に結びつけられず無得点。

7対4のまま最終回へ。
何とか追いつきたい掛川は先頭打者が初球を弾き返し、レフト前へのクリーンヒット。さらに続く打者が粘ったあげくライト前へ打球を落とし、ノーアウト1塁、2塁とチャンスを作る。しかしここから浜松の抑え投手がギアアップ。剛速球をコーナーに集め、二者連続三振。続く打者の打球はボテボテのショートへのゴロ。猛然とダッシュし一塁への送球するが、打者の足が僅かに速く「セーフ」。その間に2塁ランナーがホームを駆け抜け1点。その差は2点をなった。さらにバッテリーエラーでピンチが広がるが、最後の打者を三振に抑え、7対5で浜松支部が大会三連覇を達成。

浜松支部の選手層の厚さが際立った。

第23回西部地区少年野球オールスター大会

第23回西部地区少年野球オールスター大会

KATEKYO静岡

聖隷クリストファー中・高等学校

アオヤマ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松龍禅寺FC SKY BLUE
    浜松龍禅寺FC SKY BLUE平成17年に結成された女子ミニバスケットボールチーム『浜松龍禅寺…
  2. 三ヶ日中学校・白須賀中学校 合同ソフトボール部
    三ヶ日中学校・白須賀中学校合同ソフトボール部夏季大会では県大会出場果たし、常連校の仲間入りを…
  3. 第45回 レッドウイング・ホンダカップ
    第45回 レッドウイング・ホンダカップチャンピオンシップ平成28年12月11日にホンダ都田サ…
PAGE TOP