日本空手松涛連盟 将陽館

空手を楽しみながら人として成長する。

日本空手松涛連盟 将陽館

浜松市東区北島町に道場を構える『内閣府認定NPO法人日本空手松涛連盟将陽館』。藤枝市で始まり、浜松市に道場を構えて20年目を迎える。現在では、北島道場のほか、浜松城北工業高校や庄内協働センターなどでも活動し、100名を越える子どもたちが空手道を学んでいる。

同道場のモットーは、空手を通し、心身を鍛えながら、その中でコミュニケーション能力を養うこと。人の話を聞くこと、稽古への姿勢を作ることなどを徹底。普段顔を合わせない他校の子や、年齢が離れた中高生、大人たちと同じ空間で、同じことに取り組む環境は、子供たちにとって掛け替えのない場所になっている。

毎年のように全国大会に出場する選手を輩出する同道場。黒帯の昇段試験では一人も落ちたことがないという。指導に当たる菊地さんは稽古についてこう話す。「できないことをできるようにするのが稽古。できないことはできるようになれば良い。なので、稽古ではほとんど怒りません。上の子たちが模範となり、それを見て下の子たちが自然と覚えていく。自分で気づき、自分で行動できる人になってほしいと思っています」

4歳から空手を始め、2年連続で全国大会に出場している小池來夢くん(与進小5年)は、「全国大会で優勝したいです」と話し、吉田結さん(和地小3年)は、「弟のように上手くなりたいです」とそれぞれに目標を話してくれた。そして、多くの子が「空手が楽しい」と口を揃える。

これからも楽しむことを忘れず、みんなで成長していく。

日本空手松涛連盟 将陽館

日本空手松涛連盟 将陽館

桜花不動産

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. くまの運動教室
    レッスン5 プレッシャー(緊張)を味方にするメンタルトレーニングというと、「プレッシャー(緊張)…
  2. 麁玉中学校男子柔道部
    麁玉中学校男子柔道部群雄割拠の男子柔道において、新人戦浜松地区大会を制した麁玉中学校男子柔道部。…
  3. 春野中学校陸上部部員数が少ないながら、4年連続で全国大会に出場する選手を輩出している春野中学校。…
PAGE TOP