浜松地区中学校駅伝競走大会

2年連続で北浜中学校がアベック優勝。

浜松地区中学校駅伝競走大会

令和元年度の中学校体育連盟が主催する最後の大会となる『浜松地区駅伝競走大会』が令和元年10月26日、浜名湖ガーデンパークにて開催された。舞台となるのはガーデンパーク内に設けられた特設コース。女子は総距離11.1kmを5人で、男子は総距離15.6kmを6人でタスキを繋ぐ。

女子の注目は、昨年圧倒的な強さを見せつけ、王座奪還を果たした北浜中学校。最長距離となる1区で、夏の日本一に輝いた今大会最注目ランナーの杉森心音さんが登場。2位に36秒という大差をつけ、今年も早々に独走態勢を作ると、2区以降も常にトップを守り抜き、そのままゴール。全員が区間3位以内という快走を見せた北浜中が大会連覇を果たした。2位には細江中学校、熾烈な3位争いを制した新居中学校が3位に入った。

一方の男子。1区では、松下永明くん(湖東)がトップでタスキを繋ぐ。2区では、神田蓮くん(北浜)が区間賞の走りで3人を抜き、トップに躍り出た。3区に入ると今度は、辻本桜寿くん(開誠館)が区間賞の走りでトップに立つ。目まぐるしく入れ替わる首位争いに終止符を打ったのは、北浜中。4区の伊藤浩弥くんが21秒の差を一気に詰める快走を見せ、開誠館中と並んでタスキを渡すと、5区、6区で抜け出した北浜中が追随する他校を退け、1位でフィニッシュ。大会3連覇を達成した。女子と同様、2位に細江中、3位に新居中が入った。

同日、教育長杯の表彰も行われ、夏季大会では男女共に北浜中が、新人戦では、男子は浜名中学校、女子は浜北北部中学校が総合優勝を果たした。

浜松地区中学校駅伝競走大会

浜松地区中学校駅伝競走大会

浜松地区中学校駅伝競走大会

とんきいKATEKYO静岡

聖隷クリストファー中・高等学校

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 浜松西高中等部 水泳部(男子)
    浜松西高中等部水泳部(男子)3年連続でリレーでの全国大会出場を果たしている浜松西高中等部(男…
  2. 鈴木 希歩 ローザ新体操クラブ
    鈴木 希歩 ローザ新体操クラブリオデジャネイロオリンピックにおいて、“フェアリージャパン”の名で…
  3. アスリートヴィレッジ
    Question近々、大事な大会を控え、「ジャンプ力アップを図りたい」と考えているあなた。「…
PAGE TOP