第2回 浜松開誠館中学校・中部中学校 野球定期戦

友情を再確認する年に一度の定期戦。

第2回 浜松開誠館中学校・中部中学校 野球定期戦

令和元年7月30日、浜松球場にて『第2回浜松開誠館中学校・中部中学校野球定期戦』が開催された。元々は別々に3年生のお別れ試合を行っていたが、同じ中区松城町の中学校であることと、同じ小学校に通っていた生徒がいること、そしてメインは控え選手だった3年生を中心に試合をしたいという気持ちから、定期戦という形で交流試合が行われることとなった。子供たちだけではなく、親も顔見知りが多い両チーム。午後6時30分のプレーボールに合わせて、平日にも関わらず、多くの父兄で球場は賑わった。この夏は両チームともに浜松地区予選を勝ち上がり県大会へ出場。開誠館中においては、前日の県大会で準優勝に輝き、東海大会出場を決めたばかり。

試合は、序盤に中部中が4点を先制。すると選手交代を機に開誠館中が反撃。ホームランなどでじわじわと点差を縮めると、最終回に逆転サヨナラヒットが飛び出し、6対5で開誠館中が勝利した。

個人賞を受賞した選手に話を聞いた。最優秀選手賞の松下歩太くん(開誠館)は、「この冬の練習はとにかくキツかったですが、夏に結果を出すことができて監督に感謝しています。この試合の最後のヒットは、支えてくれた方々が打たしてくれたヒットだと思います。中学で学んだ感謝の心を忘れずに、高校でも頑張りたいと思います」と話した。優秀賞の佐野颯くん(中部)は、「苦しかったし、楽しかった3年間でした。今日は緊張感のある中で中学生らしいプレーができました。楽しく終われたので良かったです」。敢闘賞の森篤希くん(中部)は、「怪我もありましたが、夏は投げきることができ、キャプテンとして県大会に出場できたことは一番の思い出です。身近に開誠館というライバルがいることも励みになりました」。そして開誠館唯一の女子部員としてこの試合に出場し、敢闘賞を受賞した牧優菜さんはこう3年間を締めくくった。「公式戦には出場できませんでしたが、サポート役として場所を見つけることができました。小学1年の時から9年間、一生懸命ボールを追ってきましたが、この試合で野球は引退します。たった一人の女子部員でしたが、差別なく一緒にやってくれて楽しかったですし、みんなに感謝しています」。選手それぞれが周りの人たちへの感謝の気持ちを口にした。

なお、開誠館中はその後の東海大会で3位となり、全国大会に出場した。
来年は中部中が主催で行われる。

第2回 浜松開誠館中学校・中部中学校 野球定期戦

第2回 浜松開誠館中学校・中部中学校 野球定期戦

NPO法人浜松中学野球育成・強化プロジェクト

ビオ・あつみ

焼肉ひふみ

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 曳馬中学校 野球部同点で迎えた最終回裏、ワンアウト満塁、一打“サヨナラ負け”の大ピンチ。バッター…
  2. 細江中学校 ソフトボール部
    細江中学校 ソフトボール部『中学校新人総合体育大会』の浜松地区予選では、準々決勝で浜北北部中学校…
  3. 第46回レッドウイング・ホンダカップ チャンピオンシップ
    第46回レッドウイング・ホンダカップチャンピオンシップ平成29年12月10日に『第46回レッ…
PAGE TOP