第19回全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆

浜松選抜Oが全国対抗初出場で初優勝。

第19回全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆

今年で19回目を迎える『全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆』。昨年から軟式球の大会へと変わり、今年は浜松中学野球部から浜松選抜H浜松選抜Oが参戦。伊豆志太スタジアムをメイン会場に、令和元年11月2日から5日まで行われた大会の模様を、優勝を果たした浜松選抜Oを中心に振り返る。

北は北海道から南は鹿児島まで、40都道府県48の選抜チームが会して行われた『第19回全国中学生都道府県対抗野球大会』。浜松からは、浜松選抜Hと浜松選抜Oの2チームが出場した。大会は1ブロック6チームが8つに分かれて予選を二試合ずつ行い、勝利数、得失点差などで順位を決定。各ブロックの1位が決勝トーナメントへ進む。

浜松選抜Hは、初戦の会津KBクラブ(福島県)に完封勝利(3対0)と快調な滑り出し。翌日の埼玉スーパースターズ(埼玉県)にも4対2で勝利。しかしながら、同じく2勝のオール岐阜(岐阜県)に得失点差で2点届かず、惜しくも予選ブロック敗退。

浜松選抜Oは初戦で兵庫但馬スラッカーズ(兵庫県)と対戦。この試合で4対0の完封勝ちを収めると、翌日の藤井中学校(香川県)との対戦でも5対1で勝利を収め、2勝(得失点差8)で決勝トーナメントへと進出。投手陣の安定感が光った。

決勝トーナメント1回戦の山梨クラブ(山梨県)との対戦でも投手陣が奮闘。2対1と息詰まる投手戦をモノにし準決勝進出を果たした。

準決勝、決勝が同日に行われる大会4日目。新潟選抜(新潟県)と対戦した準決勝では打線が奮起。初回に2点を先制すると、3回、6回にも追加点を挙げ試合を優位に進める。この試合でも投手陣が好投を見せ完封リレー。5対0の完勝で決勝進出を決めた。決勝戦の相手は岩手県選抜(岩手県)。この試合でも好調な打線が序盤に3点を奪うが、その後は終始岩手県選抜ペース。準決勝で3点差を逆転した勢いに乗り、4回に2点を奪い1点差に。追い詰められた浜松選抜Oだったが、その後は小刻みな継投で相手打線に得点を許さず、3対2で勝利。初出場で初優勝という快挙を達成した。

なお、大会MVPには、エース格として投手陣を牽引した小野翔也くん(三ヶ日中)が選ばれた。

第19回全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆

第19回全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆

NPO法人浜松中学野球育成・強化プロジェクト

設置箇所

パーツボックス

ジュニアアスリートプラス ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート岡崎 スポーツ少年団 スポーツジム 接骨院 空飛ぶ野球少年 大会成績

ピックアップ記事

  1. 聖隷クリストファー中・高等学校
    聖隷クリストファー中・高等学校1月に2019年度入試を行い、聖隷クリストファー中学校11期生が選…
  2. 中体連女子ソフトテニス県大会
    因縁のライバル対決は清竜中学校に軍配中体連女子ソフトテニスの県大会が終了し、東海大会へ進む4校が…
  3. 中体連女子バレーボール東海大会
    浜松地区から2校が全国大会へ8月9日、10日の両日、中体連女子バレーボールの東海大会が愛知県の岡…
PAGE TOP